So-net無料ブログ作成

前の3件 | -

壽 初春大歌舞伎@歌舞伎座初日 [★伝統芸能]

●HP・・・http://www.kabuki-bito.jp/theaters/kabukiza/play/541

kabuki 0102.jpg

念願のお正月の初日!
気分を盛り上げて、着物で参りました。
話す知人は皆「海老蔵?」と。違います!高麗屋三代襲名です!
銀座三越は正月休みだったので、松屋銀座のデパ地下にてお弁当を購入。
色々売り切れていたり、お正月だから限定的な発売だったりして欲しい弁当は手に入らなかったけれど、時間も時間だったせいか30%割引などで買えました。しかし、凄い混みようでした。
ちなみに東銀座界隈の店はほぼ閉まっておりましたが、ざっと確認できる限り【文明堂カフェ】【茜屋珈琲店】と【パリのワイン食堂】さんは営業していました。

また、一階の【歌舞伎稲荷神社】のご朱印を、歌舞伎座タワー5階「お土産処 楽座」で頂きました!
ただ、予め刷られた紙に赤い印が押されていたのですが、朱肉ではなくインクのスタンプ台を使ったようで、全く乾かず・・・嬉しいものの、ちょっと困りました。
口上は二幕目。演目の一つに組み込まれてるんですよね。歌舞伎鑑賞まもない頃は驚きましたけれど。
舞台は客席から向かって左が下手、右が上手になります。
吉右衛門は右端でした。口上はあまり得意ではないとみて、有り体に言えば凡庸でした(笑)。
それよりも左團次さんが!白鴎の若かりし頃を褒める際に「私なんてキャバレー!」なんて言うもんだから会場が爆笑の渦で、台詞の後が全く聞こえなくなってしまって。
そんな後の吉右衛門さんだから、まあ凡庸に聞こえるのも無理はない。
そして三幕目、まってました勧進帳!
金太郎改め染五郎、13歳なので声がまだ高いですが、その清々しいほどの美丈夫ぶり。
史実上の義経は、確か都落ちをしたのが29歳だから、勧進帳の義経はあんなに若いはずはないのでよね(笑)。
それはさておき、染五郎は薄幸の美少年という趣で、それがまた悲哀を誘いました。
初弁慶を演じる染五郎改め幸四郎も、迫力に足るのかなと思っていましたが、彼は彼で若々しく血気盛んな弁慶で好感が持てました。
受けて立つ富樫に吉右衛門、涙が出るほどかっこいい!
化粧も若々しい白塗りなので、先月よりも生き生きと見えました(失礼)。
勧進帳はほぼ富樫と弁慶の二人芝居に近い。その間、ずっとしゃがんでいる義経。
三つ指ついてずっと腰を折る口上も大変だろうに。その後でこの体勢、すごい集中力と体力を要しますね。
愛之助は化粧してもすぐわかる面立ちをしていますね。四天王に花を添えていました。
浅学なのですが、義経の従者である四天王を束ねるのが弁慶ということは、『勧進帳』では弁慶を明王と見立てているということなのでしょうか?
私、『山伏問答』で興奮するあまり、富樫が酒を振る舞い弁慶が酔っ払う『延年の舞』でいつも緊張の糸が切れてしまって。この後に六法飛びがあるので大事なんですけど、個人的には蛇足(笑)。
四幕目の『相生獅子』と『三人形』も華やかでした。
孝太郎さんが扇子をちょっと落としてしまいましたがご愛敬。
すっかり左團次さんの衝撃で印象がふっ飛んでしまった一幕目の『双蝶々曲輪日記』、濡れ髪長五郎の芝翫さんは張りがあって、放駒長吉の愛之助さんは飄々とした演技で楽しませてくれました。
少し残念だったのは、正月なのに獅子舞とか鏡開きとか館内での催しがなかったこと。
国立劇場ではあるようですが、歌舞伎座は毎年何もないのかな?
何はともあれ、大向こうのかけ声も賑々しく、初日を見られたことは大変良い思い出になりました!

2018-01-11T01:27:33.jpg

2018-01-11T01:27:33.jpg
↑綺羅刷りのようなポスター。他にも写楽の大首絵のようなものも

2018-01-11T01:27:33.jpg
↑反射してますが勧進帳の羽子板です

2018-01-11T01:27:33.jpg
↑正面玄関の飾り付け

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

12/30の両国の様子 [その日その日]

たまたまですが、暮れの買い出しに、電車代をけちって両国から浅草まで歩くことに。
12/30の時点で、すっかり正月気分に模様替えした両国の様子をお届けします。
臨時ホームの階段は、初日の出列車への誘導。
国技館はさだまさしのライブ会場、幟がはためいていました。
行く年来る年のあとすぐ行われるあの番組ですね。

静かで誰もいない正面玄関からは、三人横綱になってしまったパネルが寂しげに置いてありました…。
浅草には素敵な和風のゲストハウスが。外国人が喜びそうです。

2018-01-11T01:41:25.jpg
↑房総へ初日の出を見に行こう!という趣旨ですね

2018-01-11T01:41:25.jpg
↑国技館らしくていいですね
2018-01-11T01:41:25.jpg
↑年明けと同時に出すには、時間が足りないのかな
2018-01-11T01:41:25.jpg
↑立派な門松
2018-01-11T01:41:25.jpg
↑野ざらしのパネル、寂しげに

2018-01-11T01:41:25.jpg
↑厩橋の近くにあった、個性的な公衆トイレ

2018-01-11T01:41:25.jpg
↑最小限のアイテムで和を演出、ゲストハウス


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

国立劇場12月歌舞伎公演「今様三番三」「隅田春妓女容性」 [★伝統芸能]

●今様三番三(いまようさんばそう)

●隅田春妓女容性(すだのはるげいしゃかたぎ)


2017-12kokuritu.jpg


今回はどぶ側に座ったのですが、非常に面白かったです。

今様~では係員が「晒しを使いますのでご注意ください」とおっしゃっていて、どんなことが行われるのか楽しみでした。

すると、源氏白旗を盗んだ二の宮(雀右衛門)がくるくると晒しを翻しながら、警備の若武者を押し返すのです。その晒しがどぶ側にふわふわと漂ってきてとっても優雅!舞踊の中では一番好きな演目になりました。



続く隅田~。

こちらは100両があっちへこっちへ人の手に渡り、最終的には大団円になるのですが、100両を巡って様々な人間模様が繰り広げられ面白い。


〈あらすじ〉

かつて下総千葉家の重臣・三島隼人に仕えていた梅堀の由兵衛――梅の由兵衛。隼人の許から盗まれた千葉家の重宝を探索するとともに、同じ家中の金谷金五郎と駆け落ちして芸者になった隼人の娘・小三(こさん)を請け出そうと、旧知の信楽勘十郎の助力も得て、金策に奔走していました。由兵衛は、重宝を隠し持つ源兵衛堀(げんべ

えぼり)の源兵衛、その一味の土手のどび六らの企みを見抜き、喧嘩口論を戒(いまし)める頭巾を脱ぎ捨て、悪事の究明に乗り出します。


一方、由兵衛の女房小梅(こうめ)は、米屋に奉公する弟の長吉に、密かに小三の身請の金の工面を頼みます。数日後、由兵衛は偶然、顔を知らない長吉と大川端で出会います。そして、思わぬ行き違いで義弟を殺め、金を奪っ

てしまいます――。志半ばで自訴の覚悟を固める由兵衛。夫の罪を小梅は引き受けようとします。そうはさせまいと、由兵衛は源兵衛と対決して重宝を取り戻し、小三と金五郎をめでたく国許へ帰参させます。



・どび六、源兵衛 vs 由兵衛、小三&金五郎
どび六は身請け100両に困っていた金五郎と小三に「貸す」と言って偽金を渡して、借用書を書かせるんですね。で、身請けしますと置屋の店主に偽金を出した二人は、その場で偽金と知りびっくり。そのとき、どび六とその主の源兵衛は、「金を返せ」と逆に開き直り詰め寄る。


そこに主役・梅の由兵衛が現れて、二人の窮地を救う。由兵衛は信楽勘十郎から身請け代の100両預かっていて、それをここで使ってしまうんですね。

せっかくの身請け代、本来ならここで差し出して終了だったのに、等の若い二人がだまされて証文も書いてしまったから本当に目も当てられない。


5人の応酬を傍目で見ていた遊郭の主人、「それで誰が身請けするの?」と問うのが面白い。源兵衛は千葉家の重臣から家宝を盗んだ張本人なのですが、そのほかに何故これほど彼らを困らせるのかというと、実は由兵衛の妻・小梅を芸者の時代から好きだからなんですね。

100両手にしたのに偽の証文を渡して、こっぴどく由兵衛に懲らしめられるどび六ですが、懲らしめられるたびに医者に手相を見てもらったり、スラップスティックコメディの要素が満載です。

・長吉vs長五郎&お君
で、序幕の騒動のあと、二幕目は身請け100両問題は白紙に戻ってしまった。

当てのない由兵衛の妻・小梅が、気を利かせて米屋に勤めている弟・長吉に金を無心する。

米屋の娘・お君は彼に惚れているものだから、金を工面してやる。

ここに下働きの力士のなりそこない、お君に惚れている長五郎が嫉妬に駆られ、二人が100両盗んだことにする。ここでまた三角関係が絡むんですね。

その百両は実は信楽勘十郎が返済した100両。

すったもんだの末、長吉はなんとか米屋から出て姉に私に夜道をかける。

そうとも知らぬ由兵衛、魔が差して彼をうっかり殺してしまい、100両を手にする。

信楽が返済した100両は長吉の手から、由兵衛へ渡ったんですね。

金を懐から出したのは実は勘十郎だけだというこの顛末。


見所は姉と弟の二役をこなした菊之助の早変わり。

御店の二階に弟の長吉、長吉からお金をもらいにきた外にいる姉。

少なくとも4回は早変わりしてました。


又五郎は吉右衛門と口舌がそっくりで、間違ってしまうほどです。

今回は又五郎がどび六、歌昇が長五郎役で、親子で三枚目を演じてました。


由兵衛の紫の頭巾はかつての主人の言いつけ「ならぬ堪忍、するが堪忍」の戒めなのですが、するっと脱ぎすて諸肌になると、赤い襦袢が見え隠れするのが婀娜っぽくていい。
吉右衛門は人間の業や情けなさを表現するのがうまいですね。哀れとみっともなさの中間というか線引きが上手。この演目、もっとやってもいいんじゃないのかな。


他にも階段を降りて客席へ入ったり、義太夫や浄瑠璃も含まれていて、娯楽要素満載のとても贅沢な作品でした。

最後はなんと敵役が斬られる前に客に挨拶して仕舞いにするというスタイルでした。

P1210576.jpg
↑開演前に休憩所で腹ごしらえ。茶巾弁当です

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -
メッセージを送る