So-net無料ブログ作成

新正堂で今年も切腹最中 [老舗飲食店・和のお店]

●HP…http://www.shinshodoh.co.jp/

DSC_0237.jpg

DSC_0241.jpg

DSC_0243.jpg

DSC_0238.jpg
↑勢いで買った本。面白いです

神谷町~虎ノ門~新橋と続いた散歩も、ここ「新正堂」で締め。
14日は例年の討ち入りパレードがありました。
本場赤穂ではあのマツケンが大石内蔵助をやったとか。

東京の和菓子ではここの「切腹最中」を一番食べているのではと思う。
ずっしりとした重さの中に全てが詰まっている。
甘いのだけどコクがあって食べれば食べるほど小豆の風味も感じる餡、今焼いたかのような軽くて丈夫で香ばしい皮。
量も質もちょうどよく、食べたり無いこともなければ食傷気味になることもない。
切腹という言葉にひきずられないちょっとした高級感も感じます。
飽きることがないので、次の日のちょっとした楽しみに、と毎日食べてもいいくらいです。

義士羊羹も陣太鼓どら焼きも試しましたが、やはりここのはこれが一番。
【景気上昇最中】はまだなのですが、同じ最中なので味は「切腹」に似ているのでしょうか。

最近は木挽町広場で買いましたが、やはり浅野内匠頭お預けになった場所なのだなと想像しながら本店で買うのが一番いい。
繁華街から少し離れたところにある物寂しい雰囲気がまた無念さを想起させる。
遠くから現実を眺めているような。

そういえば店の前はここ数年ずっと工事中ですが、お預けになった【田村右京太夫屋敷跡の遺構】が発見されたことで、一時中断していたことはどうなったのでしょうか。
ある程度記録されたから工事が再開されたのか、それともまだそれが響いているのか。
今度調べてみようと思う。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る