So-net無料ブログ作成
検索選択

江戸博でお正月~江戸からくり人形に出会う [和の催し]

●江戸東京博物館・・・https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

1月3日は江戸東京博物館へ行きました。
常設展にて獅子舞や琴、江戸からくり人形の実演など盛りだくさん。

江戸からくりは「夢からくり一座」という方たちでした。
実演ではただ動かせてみせるだけではなく、解説と種明かしを兼ねてのものでした。
からくり人形は、東芝の創業者・田中久重が作った物が有名ですよね。
茶くみ人形、段返り人形、弓引き童子、文字書き人形、弓射り武者人形、品玉人形が勢揃い。
座頭によると、これだけ保存しているのは稀とのこと。

ぜんまいからくりのゼンマイは、昔は鯨の髭で作っていて、今はなかなか手に入らないので金属で作っているそうです。
段返り人形は水銀の重さを利用して動きます。水銀が上から下に移動することで人形を動かすのですが、なぜ水銀でなくてはならないかというと、液体のなかで重いことと、周りの管に水銀そのものが付着しないからということです。
水では水銀より軽く、さらに水滴が配管にまとわりついてしまい、流れ落ちる分量が減ってしまうからだそうです。

展示していた文字書き人形の一つは、現存する唯一の一体をアメリカから買い戻したもので、その額家が一軒建つくらい!
オルゴールのように凸凹のついた円盤を、動力部分に差し込んで動きを変えます。円盤を変えればいいので、その気になれば幾通りも動きを創作できるけれど、一つの動作を作るのに何ヶ月もかかるとのこと。想像に難くないですね。絵を描けるように改良したそうです。

甲冑武者人形は文献を元に復元。2年ほどかかったそうです。
巨大な段返り人形は、一段下りるのに3分ほどかかってしまうので、改良していきたいと言ってました。
物作りの原点ともいうべきからくり、昔の人の知恵も伝えると共に伝承していって欲しいですね。

■企画展【徳川将軍家の婚礼】

常設展示エリア内の5階企画展では【徳川将軍家の婚礼】が催されていました。将軍家へ降嫁した皇女和宮、
薩摩藩から嫁いだ篤姫の婚礼道具と実家が用意する『お先道具』、嫁ぎ先が用意する『婚礼道具』両方がありました。

お歯黒を塗る、爪を切る、口をすすぐ、耳を洗う、生活において所作に必要な道具が一つ一つ用意されています。
耳かき入れだけで、30センチは優に超える筆箱のような立派な蒔絵箱。耳かき入れるのにこんな大きな物を…と思うと、一体全体総量はどれだけ嵩張るのだ…考えるだけでうんざりします(笑)

以前、和宮様のためにわざわざ幕府が造ったという箱根の旧街道を通ったことを思い出しました。
和宮の品々はどこか雅な仕上げ。一方、篤姫へ拵えた物は武家らしく無駄な装飾がなく凜とした感じ。
艶やかな漆黒が、篤姫の屹然とした性質にとてもよく似合うなと思いました。
流鏑馬や茶道、全般に所作を教える小笠原流、またしてもここでも登場。
婚儀の際の設えや所作を教える『小笠原流諸礼大全』がありました。

P1130733.jpg

P1130741.jpg

P1130743.jpg

P1130755.jpg
↑醤油が開発される前、様々な料理の用途に使われていた調味料「煎り酒」が売店にて販売

P1130769.jpg
↑弓射り童子のスケルトンも展示

P1130789.jpg
↑アンパンマンを書いてくれました!

P1130790.jpg

P1130819.jpg
↑獅子舞です

P1130838.jpg

P1130840.jpg

P1130841.jpg
↑館内の茶房では、三囲り神社の近くの甘味屋「埼玉や小梅」の団子も提供


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る