So-net無料ブログ作成
検索選択

超歌舞伎「花街詞合鏡」(ニコニコ超会議2017) [★伝統芸能]

●HP・・・http://www.chokaigi.jp/2017/booth/cho_kabuki.html



相撲が早めに終ったので超歌舞伎も見れました!
開演2分前のギリギリでも、二階席の自由席の袖の方は結構空いていました。


【曽我綉侠御所染(そがもよう たてしのごしょぞめ)】、【助六由縁江戸桜】をベースにしたような話でした。
筋書も複雑にせず、約1時間15分くらいのコンパクトさで、二人の男が太夫をめぐって対決するという単純さ。
粗筋や屋号についても、中村獅童が口上で説明してくれます。しかしNTTの屋号の「電話屋」には笑った。
悪の心を持つ蔭山新右衛門には封印された青龍の魂が憑依し、主人公・八重垣紋三の剣には青龍を封印した白狐の力が宿る。二人は奇しくも初音太夫をきっかけに、過去の因縁から再び斬り結ぶこととなる。
基本的には歌舞伎役者は三人だけ、それでも充分惹き付ける力量、凄いです。
傾城葛城太夫役の中村蝶紫は一瞬通り過ぎるだけでしたが、それでも目を見張る華麗さ。
後半はほぼ蔭山と紋三の大立ち回りが中心で派手に、トンボがばんばんきられ、 「だんまり」も有りの、すっぽんからせりあがり有りの、歌舞伎らしさが満載。
見所は、画面に映る青龍と化した蔭山と、生身の人間の八重垣の立ち回り。
画面の八重垣と獅童がシンクロし、まるで画面に八重垣の化身が乗り移ったような、分身の術を使ったようなトリッキーな演出。ただ、太夫演じる初音ミク、声は平淡で抑揚がなく、慣れるまで違和感ありました。

超歌舞伎は普段「通」しかできない「大向こう」の掛け声がジャンジャンできるし、カーテンコールの後は、中村獅童が「お前らこれを待ってたんだろ!」と煽って、千本桜を会場皆で大合唱してロックコンサートみたい。
歌舞伎に興味があるけれど、最初は安く見たいなぁなんて思っている人は、ニコニコの入場券だけ買って自由席で見たらお手軽でいいと思う。
しかし歌舞伎のかっこよさを改めて認識した!
P1160773.jpgP1160775.jpg

●その他のブース
P1160583.jpg
↑自民党ではカレーを販売。選挙カーの上で主張ができました
P1160588.jpg
↑突然現れたメロン熊。かぶりつきかたがエグかったです
P1160589.jpg
↑民進党はラーメン
P1160591.jpg
↑コスプレエリア。何か借りれたらしいです
P1160592.jpg
↑コスプレの方たちがフィギュアに見立てた箱に入って

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る