So-net無料ブログ作成

上野めぐり~横山大観記念館・黒船亭・時撞堂 [◇江戸寺社・史跡めぐり]



横山大観記念館は、彼が没するまで住んでいたアトリエ兼住居。
広すぎず狭すぎず、質実剛健な簡素な趣のなかにこだわりの設え。
欄間の飾りや梁、それらは選び抜かれた材木で拵えてあります。

ボランティアで解説の方がいらっしゃったので、聞き覚えを記します。
晩年の画室(第二客室)には、院展に出展した最後の絵画、風蕭蕭兮易水寒が飾られていました。
伝統的な日本画から離れて行く院展と、訣別するかのような意味が込められているそうです。

司馬遷の『史記』の漢詩をモチーフに、戦地へ赴く男が旅立った後の茫洋たる海を、犬が一匹佇んで眺めているという図。遠景は霧で霞み、非常に寂しさを醸し出す絵でした。
私は大観に関して其ほど詳しくはないのですが、朦朧体と呼ばれる由縁が至極よくわかる作品だと思いました。
犬は本物に似つかわしくなく、置物ののようで、所有している何か(硯?香炉?)の犬をモチーフにしているということでした。

90歳で没した後、こちらの客室で脳を解剖したそうです。その脳は、60歳くらいの若さだったそう。
視力が何万人に一人の割合の良さで、記憶力も人一倍良かったそうです。
天才の天才たる素質がすでに備わっていたと思わざるを得ません。

二階の仕事場からは、不忍池が借景となりとてもよい眺めが見れました。三枚障子になっており、その理由は、二枚よりも三枚の方が開けられる面積が広くなるからだそうです。

2017-06-13T21:31:45.JPG

2017-06-13T21:31:45.jpg

2017-06-13T21:31:45.jpg

■黒船亭


相変わらずの美味しさで人気を維持する黒船亭。
久々に入りましたが、ハンバーグは二種類のソースをつけていただき、とっても美味でした。
デミグラスソースもいいですが、大根おろしの和風ソースが気に入りました。あふれ出る肉汁がもったいなくって・・・(笑)友人のロールキャベツはボリュームもたっぷりでしたので、単品でも満足できたとのこと。
次回はそっちだな!

2017-06-19T19:08:24.jpg

東叡山寛永寺弁天堂と清水観音堂


すっかり紫陽花の季節です。今年は紫陽花の病気「葉化病」が流行っているのですが、上野の紫陽花は無事なようです。
横山大観記念館を出て、のんびりと散策中、ふと御朱印をいただいていないことを思いだし、タイトルの2つのお堂へと足を向けました。友人は、五条天神社の狐の祠などの存在を知らなかったようで、案内するとすごく喜んでくれました。

2017-06-13T21:31:45.jpg

2017-06-13T21:31:45.jpg
↑月見の松

2017-06-13T21:31:41.jpg

2017-06-13T21:31:41.jpg

2017-06-19T18:27:39.jpg


■時鐘堂

松尾芭蕉も「花の雲 鐘は上野か浅草か」と詠んだ時の鐘。1666年からずっと変わらず、朝夕6時に鐘が鳴ります。実は今でも鐘撞番の方がいらっしゃり、人力で撞いているとのこと。
こちらには一般人は上れませんが、江戸時代と変わらない鐘の音、今度上野に行ったときは目をつむり耳を澄ませ、遠い昔に思いを馳せてはいかがでしょうか。

2017-06-13T21:31:45.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る