So-net無料ブログ作成
検索選択

天地明察 [小説・本]

◎改めて、保科正之は偉大だと思う

天地明察(上) (角川文庫)

天地明察(上) (角川文庫)

  • 作者: 冲方 丁
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/05/18
  • メディア: 文庫

天地明察(下) (角川文庫)

天地明察(下) (角川文庫)

  • 作者: 冲方 丁
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/05/18
  • メディア: 文庫

読後感の爽やかさ!
歴史物であり、数学と天文学という専門的な分野を描きながら、借り物の専門用語を並べずに読者にその世界の内実を解りやすく説明しているのが凄い。
たまにくだけた「くそ重い刀」などの表現をするが、それが時代小説専門小説家とちょっと違う印象を与えている。ちょっと違和感も感じるが、そんなに嫌じゃない。

挫折を味わった男のサクセスストーリーでもあるし、何十年もの暦をめぐる人々の壮大なドラマでもあり、暦対決というエンターテイメント性もある。

思うに暦というのは、古代文明からずっと、人界を治める手段の最たるものですよね。
誰もが知識をもち解明できるものではないから、人々を畏怖させ崇敬させる最たるものでもある。

関孝和との関係が興奮しますね。
互いに顔を知らないまま、何十年も算学問題のやり取りで会話している。
そこにある崇敬とある種の情愛が育まれる様が面白い。
そういった人間に出会えた事が羨ましくもある。

私などblogで間違った事を書いただけで顔から火が出るほど恥ずかしいのに、算学勝負として間違った設問を名前を堂々と出して張り出してしまった状況や、暦対決で月蝕を外してしまった状況、想像するにあまりあります。

えんとの関係も甘酸っぱく、人の縁(えにし)の不思議を感じさせます。

渋川晴海恥ずかしながら知りませんでした。
暦改編の裏にこんな壮大なドラマがあったなんて。

暦は平安時代からずっと、陰陽宿が形を変えて脈々と引き継いでいると思っていたので、まさか囲碁打ちで算学の達人が関わっていると知らず、本当に驚きました。

というか、またしても保科正之の時代なのだなぁ。
対比して描かれる山鹿素行の暦に対する暗愚ぶりが、私にとっては斬新だった。
忠臣蔵や幕末になると彼の名前がたびたび登場し、武士道を語る男たちの大義名分として彼の思想が引き合いに出され、武士道の賢者として謳われる事が多いからだ。全く別の視点から捉えた彼の姿は、人間の多面性をはっと気がつかされる。

時間がずれる事を察知し、そのずれを修正できる人がいるのに、武士の立場をわきまえなければ、というただそれだけで、口出ししてはならないというのは、今では考えられない事。

水戸の尊王思想もそうだけど、尊王思想というのは、私の思い描く理想の状態とはどうも違うらしい。天皇家に尊敬を抱きつつ、足りないところを補ってあげるというのが何がいけないのか。

幕府が公家たちから政権を奪ってしまったから、更に彼らの領分に手出しすると彼らの立つ瀬がなくなり天皇を蔑ろにしてしまう、という危惧を持つのはわかる。
そこを重々わかっているからこそ根回しを慎重に行っていたのに、そこを慮ることもなく、歩み寄ろうともせず、ただひたすら権力を翳すしか能がない公家たちの政治手腕の愚かさにも呆れてしまう。

人間って言うのは、とても小さなこだわりにしがみついて、自分の生きる意味を保とうとしているのだな・・・としみじみ思ってしまった。

もし、渋川晴海が挫折したままだったら、その後同等の知識と知恵と情熱を持って改暦に取り組む若者がいつ現れただろうか。
怜悧な若者の才能を無駄に潰されてしまう可能性があったという、この恐怖。

私を含め、全く庶民たちはどの時代も、このような知られざる先達の労苦を知らず、のほほんと暮らしているのだなぁと、頭が下がる思いです。

人間社会は、顔も知らないどこの誰かが作ってくれた食物を食べ、加工品を使い、着物を選び、そうやって支えあっているのだなと、感謝の念が自然に湧き出る小説でした。
更に森羅万象、知らない間に命を支えている湧き水や湖や生き物たちなど、渺漠の世界に思いを馳せるわけだけれど、暦というのは、そういった自然への崇敬さえ奮い立たせるものなのだと、ぽつんと地上で蠢いている自分を、天から見下ろしている気分になりました。

いやはや、清清しく凛とした、すばらしい小説です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

松崎煎餅お茶席〈東京五つ星の甘味処〉 [老舗飲食店・和のお店]

■穏やかに過ごせます

岸朝子著書の【東京 五つ星の甘味処 】めぐり二軒目です。

http://matsuzaki-senbei.com/cafe

DSC_0694blog_.jpg

並木通り沿いながら、ややひっそりと営業している感。
販売店の向かって右手に柱を挟んで喫茶室に向かう階段があります。
ビルで働く人専用の非常階段のようにも見えるので、知ってる人しか行かないかもしれません。

店内は私の求めていた、程よい静けさ!好きです、まったりした雰囲気。

本では抹茶と落雁や練りきりのセットが紹介されていましたが、それでは少ないし、パフェは食べきれる自信がない。そこで和風ホットケーキを。
人気メニューのようですね。

銅鑼焼きの皮(と呼ぶのかな?)と同等の大きさのパンケーキが三枚、そこに黒蜜と、バニラアイスと、小豆餡を載せます。
なんて贅沢!

三つ全部を一気にかけるのはさすがに甘すぎる気がしたので、黒蜜を全体にかけて、バニラアイスか餡を交互にかけて頂きました。
黒蜜の香がいいですね~。
ほんのり温かい生地と冷たいアイスクリームがこれまた美味♪
どら焼きにアイスクリームをかけたと想像してもらえれば分かりやすいかな。
木製フォークとナイフも可愛いです。確かに銀食器は似合わない。

DSC_0691blog_.jpg

DSC_0692blog_.jpg
↑並木通りに面してます

合わせて頼んだ蜜柑の水だし茶も(甘くない)、爽やか。
皮を入れて香り付けしたお茶ですね。夏季のみの期間限定です。
夏季限定といえば、まだ暑いということで「抹茶かき氷」が提供延期されていました。
お隣で可愛い悲鳴をあげるおば様方が(笑。

そういえば、当然な気もしますが、利用しているのは女性ばかり。
ごみごみせずゆったりしているので、サラリーマンにも利用して欲しいですね。
落ち着いた雰囲気はすてがたいと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

武蔵野茶房〈東京五つ星の甘味処〉 [老舗飲食店・和のお店]

◎内装が可愛いだけじゃない

東京 五つ星の甘味処

東京 五つ星の甘味処

  • 作者: 岸 朝子
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • 発売日: 2006/11/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

最近、中古ですが上記の本を手に入れました。
本当は大きな甘味の写真が載った下帯がついています。
この本に載っている甘味の美味しそうなこと!

雑誌やグルメ記事などで散々取り上げられている有名店や、今更本で読まなくても知っている老舗【千疋屋】や【紀の善】なども掲載されていますが、纏められていると便利ですし、改めて全制覇したくなるものです。

DSC_0645blog_.jpg

DSC_0647blog_.jpg

ということで、一軒目は武蔵野茶房。
疲れすぎて、会社からすぐに帰る気力がないってときありませんか。
混んでる電車に乗る前に一息つきたい、というような。

そんなとき、すぐ思い出すのがここ。
落ち着ける雰囲気で、品がよくて、女性的で、静かで、プライバシー性も保てて、荷物も置きやすい(笑)

DSC_0642blog_.jpg

本では【おいものパフェ】が一押しでしたが、季節物ということで、栗のモンブランソフトを。
ソフト、と言えど、食べごたえは満点。
ソフトクリームにモンブランクリームがグルグル。栗のふくよかな香りで、バニラアイスではなく、マロンアイスを食べている錯覚に。
乗っている台がスライスしたロールケーキなので、最後の最後、ガツンとやられます。
アイスの冷たさで味覚が鈍化されていますが、これは相当甘いでしょう。
でも、舌に刺激のある嫌な甘みは残りません。
アイスがスポンジに溶けて、しっとりと。
アイスもケーキも、両方「参った」寸前の丁度いい量ですね。

モンブランとアイスを口にいれた瞬間の幸せは忘れられません。
口福です。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る