So-net無料ブログ作成

創業600年超、塩瀬の味 [老舗飲食店・和のお店]

■塩瀬総本家

どうしてここに?と思わずにはいられない場所にあります。
ですが、自社ビルの看板にはずらりと色々な茶道の流派名が。
四つの流派の茶道教室と香道の教室があり、このビル一つで日本文化がぎゅっと詰まっているよう。
塩瀬1階の奥には、茶室も拵えてあり、実際に使用されるそうです。
(又隠といい、裏千家を代表する茶室だそうです)
塩瀬経営者が日本文化を大事にしていることがよくわかります。

さて、塩瀬そのものについて。
とても接客が心地よく人柄の良さがにじみ出ている(上に器量よし)店員さんと歓談。

建築会社【金剛組】が飛鳥時代から創業しているとして有名ですが、和菓子屋では【とらや】が1514年創業、【塩瀬総本家】が1349年以上あるとして有名だそうです。

塩瀬には様々な種類の和菓子があって、目移りしてしまいます。
特に、『劇聖』といわれた9代目団十郎の命名した『袖ヶ浦』、歌舞伎好きとしては購入せずにはいられません。
最中と餡子が別々で、自分で載せる種類です。
餡子を入れるのが下手な私には多少難儀なものの、最中の皮が香ばしくって、その場で焼いたかのような芳しさ。

本饅頭…『徳川家康が長篠の戦に出陣した際、献上された本饅頭を兜に盛って軍神に供え、戦勝を祈願したことから「兜饅頭」とも呼ばれています』とのこと。
江戸が出来る前に、なぜ徳川家康が…?というと、塩瀬は京都⇒三河国と場所を変遷しているからです。

見た目は凄く甘そうですが、あっさりしていて、豆が立っていつつ滑らかなのに時間が経っても崩れません。そのバランスが難しいのだろうな、としみじみ。

志ほせ饅頭…塩瀬の定番品。贈答品、折り詰めは文字の焼印ですが、ばら売りは兎の柄。自然薯まんじゅうなので、普通の蒸し饅頭よりも皮がほどよくもっちりと。一口サイズなので沢山食べてしまいます。

豆大福絶品!!私の食べた歴代大福の中で、一二を争うかもしれません。なんていって褒めていいかわからないので、食べてくださいとしか言えません(笑)

P1020133.jpg
↑ばら売りでもきちんと箱詰めしてくれるのが嬉しい

P1020134.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る