So-net無料ブログ作成
検索選択

メイド・イン・ジャパン 南部鉄器 [和の催し]

■汐留ミュージアム

IMG_0001.jpg

IMG_0002.jpg

つねづね欲しいと思っている南部鉄器。その奥深さに触れてきました。
南部鉄器は歴代藩主の庇護の元育まれ、いわゆる〈御用鋳物師〉である「有坂家、鈴木家、藤田家、釜師の小泉家」の4家が支えてきたとのこと。盛岡藩主は甲府から入ってきた大名で、茶の湯のために京都から釜師を招聘したことが、この地での鉄器文化の興りだそうです。

展覧会は江戸~明治の貴重なものから、現代作家の簡素かつ色彩豊かなものまで幅広く展示。
割合は現代物の方が多いです。
古い物は茶の湯向けということもあって、取っ手が蔓だったり、つまみが松ぼっくりだったり、銅に波に鯉と富士山をあしらっていたりと、とにかくダイナミックかつ細かい意匠が凝りまくっている。

その中で気になったものは…
・『姥口蜻蛉釜』…歯の抜けた老婆という意で、「毛垂れ」という銅の上から別の銅を被せて重ねており、口の周囲が高く縁が肩より落ち込んでいる形状となっている。
・『亀甲形鉄瓶』…あのブルーノ・タウトが絶賛した代物で、小泉仁佐衛門作。
・『やつれ釜、やつれ風炉』…八代目・小泉仁佐衛門が御前制作したもの。
御前制作は、一から制作風景を見せると長時間かかるので、仕上げだけお見せしたのでしょうか?

現存する最古の南部鉄器は江戸時代の「老松釜」(四代目・小泉仁佐衛門作)です。
意外と年代が新しいものしか残っていないのですね。

現代作家の南部鉄器は外見の艶やかさを追求し、日常で使用してもらう事を念頭に置いているので軽やかさがあります。「銀河鉄道の夜」でジョパンニの道標となった南十字星を細かく銅一面にあしらったものや、鶏型のつまみをしたもの、いつまでも眺めていたくなるようなツルツルとした「卵形鉄瓶」など、さりげない意匠が施されているものが沢山。
なかでもシュールレアリズム絵画を立体化したような「四方釜道」が気に入りました。

フランスから逆輸入された色とりどりの小さな鉄瓶シリーズは、着色技術に三年の月日をかけたのだそう!
成果が実って静かなブームまで引き起こしたことを考えると素晴らしい。

実際の重たさが敬遠されがちな鉄器ですが、鉄そのものの色味や重量感に飽きのこない深みを感じます。
永遠性のある道具として、一つは手に入れたいとつくづく思いました。


銀座古窯 [老舗飲食店・和のお店]

●HP…http://www.ginzakoyo.jp/menu.html

◆絶品ビーフシチューの店

DSC_0138~01.jpg

DSC_0137~01.jpg


山形県にある同名旅館のレストランが銀座にあります。
ビーフシチューが美味しいとのことで、行ってきました。ランチの時間帯は結構混みますね。

ビーフシチューは、何が入ってるのかと聞かれると困るけれど(笑)、和風の味付け!。
とはいえコクがあって、あっさりとは言い難い。絶妙。
具には人参などの他、キノコ類も入っていてとても合います。
もちろん、肉もホロホロ柔らかくて。
真ん中の卵が…崩して混ぜると更にまろやかに…!

定食仕様なので、ご飯味噌汁、お漬物、サラダ、大根の煮浸し(これは一同絶賛の品)がついて、1260円!
はち切れんばかりに満腹になります。
男性客が多い理由がわかりました。

カレーを頼んだ同僚も、その美味しさに舌鼓。月曜限定の焼きカレー、香ばしくて具だくさん。野菜がたっぷり載って飽きさせない。
どうやら外れのメニューはないようですね!
歌舞伎役者の色紙もありました。
本当に銀座近辺は多いですね。歌舞伎ファンには嬉しい限りです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

黒澤 [老舗飲食店・和のお店]

●HP…http://9638.net/nagata/

行きたい店として何年か前からチェックしていたお店です。
国立劇場で歌舞伎を観た後に行きました。
一階は蕎麦席で、居酒屋感覚で楽しめます。
ただ、やはり二階席以上の方が、黒澤明の映画の世界が堪能できるとは思います。
コース料理もべらぼうではない値段設定なので、ハレの日にでも行こうかな。

DSC_0281.jpg

DSC_0282.jpg

まずは日本酒と【黒豚三枚肉の串焼き】【黒澤流白菜漬け】【味噌漬け豆腐】【さつま揚げ】など頂きました。
串焼きは肉汁が口に滴り美味。白菜は少しピリ辛です。
味噌漬け豆腐は想像もしなかった外見と味で、びっくりしました。
チーズのような醗酵風味に、テリーヌのような舌触り。小さな一切れですが、濃厚です。
さつま揚げは大好きなつまみの一つですが、ケチつけることなく美味しいです。

【野菜のもりもりそば】は、つゆを野菜に少しまわしかけ、あとは蕎麦猪口に入れます。
大根おろしが野菜の下に隠れていて、すっごく美味。素揚げされた野菜がしゃくしゃくと新鮮さがそのまま残る。
相方はせいろを頂いてました。達磨グループだけあって、美味しいですが、ちょっと乾燥してたかな。
全体的に「お上品な」量ですが、他のつまみも頂いてみたいですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る