So-net無料ブログ作成

川越めぐり [川越]

『時の鐘』で有名な川越。
フリークーポンでレトロな巡回バスに何回でも乗り降りできて便利。
この巡回バス、どっかで見たことあると思ったら会津の巡回バスとそっくり。
いいのう、景観壊さなくて。

写真撮りたがったが痛恨のカメラ忘れ。。。


■喜多院

まずは喜多院へ。東京深川不動尊くらいの賑わいがありますね。この地域の人に愛されてるって伝わってくる。憩いの場。

ここの見所はなんといっても『春日の局の間』と『家光誕生の間』ですね。
大火で消失した喜多院に、3代将軍家光が江戸城内から客殿、書院などを移築したという。さらに、あの篤姫が乗ったと伝わっている家紋入りの輿もあった[ひらめき]

こうやって色んなところに分散してるんだなぁ、としみじみ思う。
ひとところに全部集めるのも面白いけど、色んな場所に色んな物を観にいくのが旅の醍醐味だよな。


■本丸御殿

08-01-14 (3)_blog.jpg


その後川越城本丸御殿へ。
本丸御殿の一部として玄関・大広間・家老詰所が残っている。とにかく寒い!!板張りの廊下、畳の部屋、足が底冷えする。
どんだけ昔は寒かったのかと想像するが、ふと、自分が着物を着ているときはそれほど寒くないことを思い出す。冬用の足袋は意外と暖かく、時に2枚重ねしていたというから案外平気かも…と思うのは安直か。

思ったほど見所はない。展示内容も少ないし、建物を歩いて往時を偲ぶ、くらいしかやることがないwでも私のような人間にとってはとても落ち着くし、この静けさこそが日本の侘びなのかとも思う。

 


■時の鐘・蔵作り

 

08-01-14 (5)_blog.jpg

08-01-14 (7)_blog.jpg

08-01-14 (8)_blog.jpg

↑あったまるなぁー

菓子屋横丁は1軒しか開いていなかった。懐かしい駄菓子が沢山あって何分も迷ってしまった。黍団子とか「人参」という駄菓子が好き。

菓子屋横丁から蔵作りの町並みに出てくると、古い町並みにおぉ~と興奮。
観光地なので、もう17時くらいには土産物屋などパタパタ閉まっていく。

http://www.koedo-kameya.com/index02.html
和菓子で有名な『亀屋』でお土産を。
『蔵』と『亀どら』と『時の鐘』を購入。
どれもこれも美味しいけど、個人的には亀どらが一番お気に入り。
時の鐘はままどおるに似ているかも。
19時ごろ、雰囲気のある蕎麦屋に入ったが、もう店内はガラガラだった。
平日に来るとちょっと寂しいけど、1日かけて全部まわりたい時にはいいと思う。都内に住んでいても小旅行の雰囲気を味わえる。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る