So-net無料ブログ作成

歴史あれこれ ブログトップ
前の3件 | -

神谷町めぐり⑦NHK放送博物館 [歴史あれこれ]

●HP…http://www.nhk.or.jp/museum/

DSC_0221.jpg

DSC_0214.jpg
↑愛宕トンネルが開通した時の記事。ドテッ腹なんて表現は、今は禁止されていそうです

DSC_0224.jpg
↑エレベーターで降りるとトンネル脇に出ます

愛宕山山頂、神社に隣接しています。
1925年、芝浦でラジオのテスト放送がされてから4カ月後、愛宕山で日本で初めてラジオが本放送されてから今までの歴史を様々な展示品で紹介する博物館。

文字だらけで辟易してしまう情報量ではなく、老若男女楽しめる展示になっていると思う。
が、やはり切っても切れないのは戦争で、玉音放送や2・26事件で青年将校に投降を呼びかけるメッセージなど、ドキリとするものがあって、肉声で改めて聞くと平和ぼけの頭にはっと覚醒させられる迫力がある。

最近は「はだしのゲン」を読み聞かせて、水が欲しくて彷徨う被爆者たちはなぜ自動販売機で飲み物を買わなかったのか、などと質問する子供もいるようだから、子供のうちから「現代とのあまりの世界(価値観)の違い」をぼんやりとでもわかってもらうのに、うってつけの場所ではないかと思う。

展示品の前に立つと黒柳徹子など著名人のナレーションが流れて説明してくれるシステムもあるし、懐かしの「にこにこぷん」がドーンと鎮座する体験スタジオでは、「実際のお天気カメラ」を動かせるし、衛星放送のコーナーでは「かぐや」が撮影した美しいハイビジョンの月から昇る地球の映像にうっとりできるしで、時間を忘れて楽しめました。

印象に残ったのは、テレビ放送開始の告知をする街宣車への人だかりや、地方でのテレビ放送記念の特設会場での人の賑わい。
放送内容ではなく、「動画が放送されること」自体が画期的なので、一目見たさに何万人も並んだという熱気が写真から伝わりました。

また、時報のお知らせはアナウンサーが銅鑼で叩いていたとか、ラジオドラマでは役者がきちんと衣装をつけてマイクの前で演技したとか、初期のテレビドラマのセットの小ささに悪戦苦闘していることなど知ることができて面白い。
個人的に「鬼平」脚本家の台本が「放送文化賞」コーナーにあったのが嬉しかったですね。

それにしても黒柳徹子は本当にテレビの生き字引ですね。入社当初は声がキンキンして五月蠅いから、アナウンサーとしては誰も使ってくれなかったなどという自虐的笑い話が、自動アナウンスに録音されていました。あの闊達な声で。


『プロイセン・ドイツが観た幕末日本』の記事 [歴史あれこれ]

新聞記事で興味深いものがありました。
プロイセン時代のドイツに渡った侍たちの本がドイツで発行されたというものです。
この和訳本が発行されたら嬉しいですが、この時代を考察した既刊本もけっこうあります。
過渡期の日本は面白いですね。

プロイセン東アジア遠征と幕末外交

プロイセン東アジア遠征と幕末外交

  • 作者: 福岡 万里子
  • 出版社/メーカー: 東京大学出版会
  • 発売日: 2013/03/09
  • メディア: 単行本

 
bakumathu_news - コピー.jpg


近藤勇の借用書! [歴史あれこれ]

■幕末ニュース

一週間ほど遅いですが、こんなニュースが!(もうnewではないが・・・)

近藤勇の借用書、公開 幕府再興のため借金2000万円
産経新聞 6月29日(金)7時55分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120629-00000089-san-soci

なんとまぁ、貸すほうも豪気なこと。
ま、新撰組の借金ヒストリーは居候していた八木家に始まり、芹沢鴨の鴻池強請りやら、多摩の同士小島鹿之助への無心など、隊の歴史は借金の歴史とも言えるので瓦解直前に借金していたとしても今更驚く事でもないのですが、借用書が残っていたのは興味深いですね。

しかも借金先の「加島屋」は現大同生命保険なんですね~。
凄い。しかし鴻池といい、三越といい、幕末の豪商というのは、本当に小藩なら簡単に買えてしまうといわれていたけど、凄い資本があったんだなとつくづく実感します。

借用した年月日は、伊東甲子太郎一派との『油小路の血闘』も終わり、本格的に薩長側で倒幕の機運が本格的になり始めた頃ですよね。
近藤勇らがこの後の『鳥羽伏見の戦い』のような戦争になると予期していた事の裏づけにもなっていると思います。

この借用書は最終的にどこへ保管されるのだろう。
大同生命が京都の『霊山歴史館』にでも寄贈してくれたら、見学できるのにな。


前の3件 | - 歴史あれこれ ブログトップ
メッセージを送る