So-net無料ブログ作成
検索選択

熱海・起雲閣と寿し忠 [熱海]

 

2日目は雲行きが怪しかったので『起雲閣』へ。
本当は初島へ行こうかと思ったのだけど、熱海を代表するスポットとあるので、ここもとっても気になってました。

>>抜粋

  • 1919(大正8)年に別荘として築かれ、非公開の岩崎別荘、今はなき住友別荘とならび、「熱海の三大別荘」と賞賛された名邸が基となる起雲閣。1947(昭和22年)には、旅館として生まれ変わり、太宰治・山本有三などの多くの文豪たちにも愛されていました。

09-07-25 091_blog.jpg

↑インパクトのある部屋「麒麟」

09-07-25 089_blog.jpg

↑麒麟から庭をのぞむ

09-07-25 092_blog.jpg

09-07-25 117_blog.jpg

元は「海運王」内田信也が母親の保養のために建てた別荘だとのこと。今は熱海市が買い上げ、観光施設として機能していますが、高級旅館だった頃は1泊「ウン十万」という価格だったそうな。
いつも思うんだけど、定宿をもつ文豪がよくいたけど、どうやって支払ってたんだろう。それとも有名な人なら旅館の知名度もあがるから、宿泊代はとらず、食費だけ払ってたのかしら?

ボランティアの方に色々お話を伺いましたが、青い砂壁の部屋「麒麟」の、その青い顔料はとても高価で、こういう意趣の部屋は日本で数えるほどしかないそうな。
他にも熱海名物の「金色夜叉」を書いた尾崎紅葉をイメージした赤い壁の部屋もあり、各々の和洋折衷の上品な部屋にはうっとりとするばかり[わーい(嬉しい顔)][かわいい]
今でいうラグジュアリーなホテルとは違い、一見派手ではないけれど、しっとりとした雅趣あふれる雰囲気、旅館だったとしても払える額じゃないけど、泊まってみたいものです[ぴかぴか(新しい)]

09-07-25 093_blog.jpg

↑洋館ではステンドグラスが使用されている

09-07-25 095_blog.jpg

↑玉渓という部屋の仏教レリーフ

09-07-25 098_blog.jpg

↑凄いメンバー。谷崎潤一郎・志賀直哉・山本有三

09-07-25 101_blog.jpg

↑庭を眺めてぼんやりと…読書などしながらまったりしたい

09-07-25 105_blog.jpg

↑尾崎紅葉の間

09-07-25 115_blog.jpg

↑大風呂。眺めがいいですね~

09-07-25 113_blog.jpg

↑ローマ式風呂。深い湯船に腰掛があります


特筆すべきはあの太宰治が【人間失格】をここで書きあげたそうな。
1948年にかかれたわけだから、私が生まれる30年ほど前には生きていたんだ、と思うと、なんだろう、そんなに過去のことじゃないんだと、しみじみする。
ちょうどその当時の人々の生活観に触れたりすると、現代人との精神年齢のギャップを物凄く感じるし、時代の隔たりも感じる。
「走れメロス」を教科書で読んだとき、何かわからない凄さを感じたのを今でも思い出す。のどかな日本庭園を眺めつつ、この景色を見ながら自殺を何度も考えていたのかなぁ[もうやだ~(悲しい顔)]

09-07-25 126_blog.jpg

↑庭から玉姫をのぞむ

09-07-25 129_blog.jpg

喫茶室の「やすらぎ」も周りとのイメージを損ねない内装で、とってもリラックスできる。

09-07-25 121_blog.jpg

09-07-25 119_blog.jpg


さて、場所を変えて熱海銀座。
あなご寿司が有名な『寿し忠』へ。

他のお寿司も美味しいけど、ここのアナゴ寿しはちょっと変わってる。すっごく大きなネタにご飯がすっぽり隠れ、乾燥海苔で包んで食べるんですね。アナゴはもうホロホロのフワフワで、酢飯の味は感じず、ちょっとした「丼物」をほおばっているみたい。著名人もけっこう来てて、色紙が沢山[かわいい]
昼間からビールに寿しを食べていたら大雨がきたので、熱海旅行は仕舞いになりました。
本当は源頼朝と妻政子が出逢ったとされる【伊豆山神社】にも行ってみたかったなぁ。
探せばスポットがあるんですね、熱海にも。やっぱり日本って凄いかも。

09-07-25 135_blog.jpg

09-07-25 137_blog.jpg

09-07-31 (17)_blog.jpg

↑これは鈴廣のあなご・ごぼう蒲鉾


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

アカオローズ&ハーブガーデン [熱海]

09-07-25 003_blog.jpg 09-07-25 004_blog.jpg 
↑踊り子で食べた駅弁。シラス弁当とサバの押し寿司です
09-07-25 005_blog.jpg
↑熱海駅目の前の家康の湯。江戸城へ運ばせていたそうです
 
花火目当てに、熱海へ。史跡めぐりはあまりできなかったけど、もったいないのでレポします。
熱海っていうと「昔の新婚旅行」と「寛一お宮」のイメージ。
もともとすっごい観光スポットじゃないけど、なぜか昔から毛嫌いしてたあせあせ(飛び散る汗)
なぜかって気が付いたんだけど、「熱海」って名前だ!
熱い海って、いかにも暑そう晴れ
夏より冬が好きな私は、もうこの名前だけで、海も生ぬるくてうだって生臭い魚の匂いがしそうな(失礼)イメージが湧いてきちゃって毛嫌いしてたんだ。 ごめんなさい、熱海。

で、還暦近いカカサマのために、「花火が見えるホテル」を探して行ってきました「ホテルニューアカオホテル
このホテルがもう、すっごいのexclamation ×2 なんていうーの、昭和のゴージャス?
私たちの1世代2世代前の人が、外国みたいなリゾートを作ろう!として迷走してしまった感冷や汗
ロビーにはでっかいシャンデリアが、ディナー用の大ホールにもシャンデリア、中央にはディナーショー用のステージがドン。その夜は外国人2人のデュエットと、マジックショー!
でもね、嫌いじゃないよ。ファミリーを取り込もうとして、ゴージャスなロビーにチープな飾りつけしちゃってるとか、レトロなドレスで記念撮影所の横に昭和横丁とかがあって迷走気味なだけ。せっかくのゴージャス感がもったいないなぁ。
09-07-25 008_blog.jpg
09-07-25 009_blog.jpg
↑ロビーからの眺め。ここが花火打ち上げ場所です
09-07-25 021_blog.jpg
09-07-25 023_blog.jpg


部屋から花火が見れない人のために、ホテル側がロビーを開放してくれます夜
花火の最高位が目線の高さだったので、ほんっと目の前で爆発!
熱海の花火は最高ですね~~わーい(嬉しい顔)都会の花火大会でも見られない新作が続々登場します!一見の価値アリ。
09-07-25 063_blog.jpg
09-07-25 064_blog.jpg
09-07-25 065_blog.jpg
↑美女と野獣を歌ってました
09-07-25 080_blog.jpg
09-07-25 073_blog.jpg

昼間はアカオの「ローズ&ハーブガーデン」へ。東京ドーム43個分の広大な山の斜面に、さまざまな様式の庭園が広がる。バスで頂上まで行ったら、徒歩で下りつつ各庭園を楽しむ仕組み。
久々に山の空気吸ったぁ富士山。海を眺めながらのローズティーと、バラのアイスクリームは絶品!
アイスクリームはお取り寄せしたいくらい美味しかったハート達(複数ハート)

http://www.i-akao.com/harb-rosegarden/index.html

アカオの海辺のプールやガーデンは無料バスが出ているのが便利。露天風呂は眺めがいまいちだけど、海側の部屋は眺めが最高でした~波
09-07-25 025_blog.jpg
↑日本一大きな盆栽です
09-07-25 033_blog.jpg
↑絶品のバラアイスクリーム
09-07-25 035_blog.jpg
09-07-25 044_blog.jpg
09-07-25 046_blog.jpg 09-07-25 052_blog.jpg
09-07-25 047_blog.jpg
09-07-25 049_blog.jpg
09-07-25 050_blog.jpg 09-07-25 056_blog.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る