So-net無料ブログ作成

★和の催し ブログトップ
前の3件 | -

アダチ版画研究所で見学&志むら [★和の催し]

■アダチ版画研究所

●HP・・・https://www.adachi-hanga.com/

二回目の実演見学会に訪問です。 実演作品は歌川広重の【椿に鷽】。
入門して四年ぐらいの女性が刷りを担当します。

アダチ所長が解説、前回は版画が滅びるのも時代の趨勢と仰ってましたが、今回は「この研究所が無くなっても版画は残る」と前向きな発言。
もしかしたら受注が上向きになっているのでしょうか。ご健在で何よりです。

〈解説要点〉
・7、8回すらないと顔料と同じように発色しない。
・紙は刷る前に湿らしておく。ちょうどよく湿らしておく加減を掴むには三年かかる。
・刷る色の順番に決まりはない。
・版木を固定する布や雑巾は「やわら」と呼ぶ。
・江戸時代の初刷りはいい紙を使うが、人気作品になると地元産の粗悪品を使うようになる。なので、粗悪品の紙を使った浮世絵を現代見ると、当時売れた作品だということがわかる。
・下手くそな刷り師は紙をよじってしまう。
・アダチ版画では山桜の版木しか使わない。紙は人間国宝の越前和紙しか使わない。
・広重は効果的な赤の使い方をする。北斎はピンポイントの赤の使い方はしない。
・広重はグラデーションを多用する技巧派、北斎はグラディエーターは多用せず、構図も色もかっちりと決める傾向にある。
・彫り師を指名できたのは北斎だけと言われている。
・見当(紙を当てる目安の凸)は、版木に二カ所。右下と中央下。何故かというと木も紙も若干伸びるから、左右に見当をつけるとどちらに合わせていいかわからなくなり、ずれるのだそうです。

水で版木を湿らし、刷毛で伸ばし、水を含ませた筆で絵の具をつけて版木に載せ、別の刷毛でまた伸ばす。
パレットで混色するのではなく、版木の上でグラデーションを作るんですよね。
刷り上がった物を触らせてくれましたが、色を乗せるという感覚ではなく、「色を染める」という感覚に近いので、顔料は全く手に付きませんでした。

ちなみに、墨版以外の色版の彫り方ですが、
①まずは下絵を貼り付け、墨版(絵の輪郭となる部分)を彫る
②墨版を色版の版木分だけ刷る
③刷った墨版の紙を版木に貼り付け、出したい色の部分だけ凸にして残す
④③を繰り返す

今はコピーをとってるかもしれませんが、昔は下絵は墨版に貼り付けちゃうので、手元に残らないんですよね。 外国人の姿も多く、色がぱっと紙に現れるたびに感嘆の声。いつか買いたいです…。

P_20180210_145419.jpg

P_20180210_132102.jpg

P_20180210_133611.jpg

P_20180210_134508.jpg
↑結構重労働です
P_20180210_140504.jpg
↑色がさっと現れる瞬間は目が醒めるよう
P_20180210_142334.jpg
↑見当に紙を当てています
P_20180210_143248.jpg

P_20180210_143316.jpg
↑赤富士の刷り上がりの行程を示す展示
P_20180210_144243.jpg
↑この日の版木は5枚でした。裏表使っています
P_20180210_145007.jpg
↑コンパクトな作業台

■志むら

●HP・・・https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130502/13003855/

肌寒かったので、小倉あんのパンケーキを。 バターとあんこがあうー。蜜が餡蜜と同じなのかな。
和菓子を食べてる感覚になりました。分厚い銅鑼焼きをばらして食べてるような(笑)
黒糖が効いてるのかな。凄くおいしかったです。
基本の甘味も食べたかったので、同伴者に寒天を一つもらいましたが、噛んだ瞬間少し歯ごたえのある寒天でした。

P_20180210_153258.jpg

P_20180210_153457.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

倍賞千恵子さんトークショー@寅さんサミット2017 [★和の催し]

●HP・・・http://torasan-summit.jp/

11/26、寅さんサミットにいってきました!
今年二回目の柴又です。今回のお目当ては倍賞千恵子さんのトークショー!
地元の方も多く来るだろうし、心配していたけど、なんとか整理券配布前に間に合いました。
100人到達したところでストップし、早めに配布してくださいました。

2017-12-01T22:19:16.JPG

2017-12-01T22:19:16.JPG

2017-12-01T22:19:16.JPG

P1210336.jpg

2017-12-01T22:19:30.jpg
↑時間限定で現れた寅さんの所持品。寅さん帰ってきてるのかな?

トークショーまでに「とらや」さんで腹拵え。
ここではコラボメニューの「熊太郎トマトのハヤシライス」と、「信州小諸みそラーメン」を頼みました。
ハヤシライスは酸味がありさっぱりとした甘味控えめのお味。
ラーメンは基本的な昔ながらのみそラーメンで、野菜たっぷり、くどくなくスープもゴクゴクいけます。
寅さんの顔をかたどった海苔の上に、特製カラシみそが乗っていて、これが非常に辛い。
いいアクセントになります。
新メニューなのか、団子と珈琲セットがあり、頼んでる方が結構いました。
最初はぎょっとしたけど、考えてみたら洋菓子に珈琲の組み合わせは一般的なのでおかしくないですね。

2017-12-01T22:19:16.JPG

P1210338.jpg

倍賞千恵子.png

2017-12-01T22:19:30.jpg

2017-12-01T22:19:30.jpg
↑上映された映画のロケ地

さて、倍賞千恵子さんのトークショー。私見では、小柄な体から発するオーラに凄味があるというか、厳しさの片鱗がみえる方でした。お歳を感じさせず、司会とのやりとりもチャキチャキとして明朗闊達。

――今回上映される「寅次郎 真実一路」の思い出は
「映画の内容は忘れてしまったが、大原麗子さん演じる役を寅さんが包み込むように、渥美清さんも包み込む優しさを持っていました」
「大原麗子さんはあのような悲しい亡くなり方をしてしまった。お兄ちゃんの優しさをもっと伝えたい人だったと思う。彼女と別の映画で共演したときに、大したことではないことでスタッフを叱っていて、今思えば体調が悪かったからだったと思うんですけど、渥美さんはそういう人を包み込める優しさがあった」

――後世に伝えたいものは?
「北区で過ごしたことがあるので、飛鳥山公園や、音無の滝など残してほしい」「今は縦に縦に伸びる社会ですが、横につながる社会を大切にしてほしい」
また、「柴又商店街から、自動ドアを取り入れたり色々近代化したい話が出たときに、山田監督が『参道に面している表だけは変えないでほしい』とお願いした。商店街の人々はその意思を汲み、木造の家屋を洗ったりして綺麗に整えながら、残してくれている。
そういった行動が後に重要文化的景観の選定に繋がったのかと思います。 引き戸を開けたり店の前で受け渡しをしたり、そういった手を使う、どこかに人の手が触れる建物。それが温かさを伝えると思う」

――倍賞さんにとってさくらとは?
「170本中48作が『男はつらいよ』です。普段からさくらに似合いそうな物を探してしまって、一度エプロンを買って、映画で使いました。さくらを通して世間と繋がってる感覚
「監督からさくらの銅像が建ちますよ、と言われたときに『あらやだ、私はまだ生きてます』っ言ったんです。そしたら監督が『あなたのではなく、さくらの銅像ですよ』と言われて(笑)。
監督に『さくらは無個性の個ですね』と言われました。あぁ、本当にそうだなと。それがさくらの魅力」

「お兄ちゃんがある時、流行なんて興味ないと思っていたのに、あるとき肩パット入りのスーツを買ってきて『これ、流行ってるんだろ』と言って、くれたんです。それは私の宝物になり、流行に合わせてパットを外したり入れたりして、今でも着ています」

とっても素敵なお話しばかりで、あっという間に時間がたちました。
上映会施設のトイレが壊れたり、マイクが壊れたりハプニングのなかでも和やかに進み、トークショーは30分~40分程で終了。

そのあとの上映会【真実一路】も家族の掛け合いが本当に面白くて、爆笑して、最後はやっぱりしんみりして。 たっぷりの旅情とせつなさと。 見ていて気がついたのですが、寅さんは身内にはべらんめえ口調ですが、基本的な話し方は丁寧だし、語彙力も豊富なんですよね。

今回も大原麗子さん演じるふじ子の立場をしっかり考えていて、評判を落とすことを絶対にしない。
もう帰ってこないと思っていた旦那の富永が、「とらや」に現れたときの演技は名演です!

劇中、特に何か起こった訳でも、寅さんが解決したわけでもないんですよね。
一緒に飲んだサラリーマンが、一夜明けたら失踪して、寅さんが奥さんに寄り添ってあげるだけの話なんです。

だけど何かしてあげたいという寅さんの優しさ、それに振り回される家族、そこにたっぷりの人情が溢れてて、本当にいい映画でした。
たまに名前も登場しない舎弟が登場すると、「あぁ、寅さんは一人じゃないんだな」とほっとしてしまいます。男はつらいよは最高です。

缶バッヂは上映会でもらったので、スタンプラリーをする必要は無かったのですが、すべての柄を見たいだけで押して回りました。つなげると「とらとさくら」…でした(涙)。
torasannばっぢ.png

P1210389.jpg

P1210382.jpg
↑さくらの銅像。小柄です

P1210378.jpg

P1210365.jpg
↑こちらは寅さん記念館の人形

京成柴又の駅前広場には寅さんとさくらの銅像があります。
倍賞さんが、「寅さんとさくらの銅像の足を撫でるといいことがあると、巷で言われている」と言っていましたが、本当に寅さんの左足はつるつる。
さくらの左足には「さくら」の字、右足には「ち」の字が彫られてます。
さくらは彫刻家が、ちは倍賞さんがいれたいと言って、実現したそうです。

特設会場では劇中に登場した「がまの油売り」の口上もありました(私は聞けず)。
同じく劇中で寅さんが食べた焼き鳥を食して、寅さんの生きた柴又で映画で見る・・・とっても乙な催しだと思います。
男はつらいよへの温まるエピソードを胸に、高木屋さんでサミット限定商品の「リンゴバターどら焼き」を買って帰りました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

運慶展@上野国立博物館 [★和の催し]

●HP・・・http://unkei2017.jp/

2017-11-13T18:43:54.jpg

先週金曜日の夜@上野。
いやー、金曜日夜は意外と空いていたはずですが、やはり終了期間が迫ってるからか、「待ち時間30分」のプラカード (ですが、15分~20分くらいで入れました)。
絵師では俵屋宗達や尾形光琳だのの琳派、狩野永徳などの狩野派、浮世絵師では葛飾北斎や喜多川歌麿、写楽、歌川国芳などなど、たくさんの名前を挙げることができますが、一般には仏師といえば快慶・運慶ぐらいしかパッと出てこない。作庭師といえば小堀遠州、みたいな(笑)

いやー、やっぱり痺れますね「四天王」。
運慶の父、康慶作の四天王は目がギョロっと出てて大迫力! 釈迦の身長は480センチ、その半分が立像の基本の高さなのですが、四天王は前者の高さかな?

仏教界の中では天部衆と言って、ヒンドゥー教から仏法を守護する存在として取り込んだ神々ですから、位は低いんです。
でもこの躍動感といったら。
叱られたい、怒られたい、守られたい!!

知人と話してたのですが、四天王の躍動感と迫力、体の動かし方は歌舞伎の「見得」に影響を与えているに違いない、と。特に「増長天」は、「暫」の舞台にそのポーズのまま出てもおかしくない!

四天王をまとめる長は「多聞天」。仏舎利を持っているので、分かりやすい。
多聞天は単独になると毘沙門天と名を変えます。妻は吉祥天、二人の子供は善膩師(ぜんにし)童子。
この三体が後半の<目録30>番で勢揃い。

鑑賞していて気がついたのですが、結構、仏像の決まりごとから外れた様式の仏像が多い。
魂を迎えに来てくれる阿弥陀如来は来迎印を結んでないし、その脇侍の観音菩薩は頭に阿弥陀如来を頂いてないし、同じ脇侍の観音菩薩そっくりの勢至菩薩は目印となる水瓶(すいびょう)を頭に頂いてない。
頭部だけ見つかった阿弥陀如来には、白鼇がない(剥落?)
<目録3>の康慶作の地蔵菩薩は座っているし、<目録4>の運慶作の大日如来も半跏踏下座で立像じゃないのが面白い。

不動明王を守護し付き従う童子が勢揃い。八童子のうち、二体が運慶作ではないので、六童子のみ上野にきているとのこと。矜羯羅童子は、力士の照ノ富士にどことなく似ている(笑)。

運慶が脂がのっている時期の作品群だということで、どの仏像も目が爛々としていたり、潤んでいるように見えたりと、まるで生きているかのよう。

2017-11-13T18:43:54.JPG

照ノ富士・・・http://www.sumo.or.jp/ResultRikishiData/profile/3321/


不動明王は、「怒りをもって悟りに導く大日如来」という位置付けで、大日如来の化身なので、よくみるとむっちりした体型なんですよね。天部衆のように、筋肉隆々とはしてないんです。
そういった基本的なことが、はっきりと再認識できた展覧会でもありました。

一筋の光明を表したような、開いているか開いていないかわからない目つきの如来、たおやかさも持ち合わせつつ決め細やかな桾(くん)のひだ模様が美しい菩薩。
それらにもうっとりと引き込まれますが、やっぱり見所は四天王に決まり!ですね。
鎌倉武士に「武士とはこうあるべき」と思わせてしまったという運慶の毘沙門天も見事です。

それまで個人名が前に出てくることはなかった派閥としての仏師集団から、アーティストとして個性を発揮してもいいんだ、という路線を提示してみせた慶派たち。
仏像界の歴史の転換期、これは本当に見てよかった展覧会でした。

2017-11-13T18:43:54.jpg
↑↓国立博物館前の公園に展示されていた巨大美術群
2017-11-13T18:43:54.jpg
2017-11-13T18:43:54.jpg

nice!(2)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | - ★和の催し ブログトップ
メッセージを送る