So-net無料ブログ作成

★和の催し ブログトップ
前の3件 | -

東京タワー「天の川イルミネーション 」 [★和の催し]

●HP・・・https://www.tokyotower.co.jp/event/illumination/milkyway2017/


展望台の二階がプレジェクションマッピングで、一階が天の川でした。
プレジェクションマッピングは足元に波が打ち寄せたり、ジンベエザメや魚が泳いだり、ガラス窓に花火が打ち上がったりととても綺麗でした。
一階の天の川は、眼がクラクラするほど圧巻の青さ。流れ星を模した白い点滅がヒュンヒュンと流れます。
東京の夜景に映りこんだ青い光がとても綺麗でした。
個人的にはプレジェクションマッピングの方が好きかな。とてもよい夏の思い出になりました。

2017-09-02T14:41:50.jpg

2017-09-02T14:41:50.jpg

2017-09-02T14:41:50.jpg
↑夜空に溶け込むようなイルミネーション

2017-09-02T14:41:50.jpg

2017-09-02T14:41:50.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

エキサイティング花火2017 第42回江戸川区花火大会 [★和の催し]

●HP・・・https://www.city.edogawa.tokyo.jp/hanabi/

近くに引っ越したので初めて行きました。
隅田川と同じく人出が90万人、市川側も合わせると140万人ほど来ると言うことで、戦々恐々としていたのですが、1時間前についても座れました。もちろん仕掛け花火前には近づけはしませんでしたが、土手の袖の方であれば、問題ありませんでした。
二子玉もそうですが、土手の花火は人を収容する面積が広くていいですね。
私たちは何キロもかけて歩いて帰ってので、帰りの駅の様子はわかりませんが、小岩駅も篠田駅もちょっと遠いので、1時間くらい土手でお酒でも飲んでやり過ごしてから向かえば、隅田川の浅草ほどひどくはならない気がします。

隅田川の放送で観たときと同じ、光がイルミネーションのように変化する(ように見える)大玉があがりました。
ミラーボールのようできれいでしたよ。
色も多様化しましたね。淡い緑やマリンブルー、薄紫色などはんなりとした雰囲気のものもありました。
でもなんと言っても、やはり雪洞のようなほのかな暖かい黄色い色が好きです。

P1180981.jpgP1180982.jpgP1180989.jpgP1180990.jpgP1190008.jpgP1190017.jpgP1190033.jpgP1190036.jpgP1190038.jpgP1190053.jpgP1190071.jpgP1190078.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

高知から来たぜよ!坂本龍馬展 [★和の催し]

●HP・・・http://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/ryoma

2017-06-20T23:45:09.jpg
↑高知県の資料館に飾られているという龍馬像

2017-06-20T23:45:09.jpg
↑日本を今一度洗濯いたしたく・・・!

2017-06-20T23:45:09.jpg
↑薩長同盟の裏書

目黒雅叙園で行われてる「坂本龍馬展」に行ってきました。
主に手紙の展示で彼の業績を振り返るという趣向。
展示品の七割は複製でしたが、真物の展示品に価値あるものが多く、大変満足できました。
「日本を今一度洗濯いたしたく…」や、おりょうのことを姉に紹介する手紙「まことにおもしろき女」のくだりや、俗に新婚旅行と言われている「高千穂の天の逆鉾」の写生や記述を見ることができて満足です。

後援はSoftbankグループ、 孫さんは龍馬に心酔してるんですね。
Softbankのロゴは海援隊旗の色ちがいデザインと知ってびっくり!
あと、北海道銘菓の六花亭の包装紙は、坂本龍馬の末裔(甥の孫)、坂本直行氏がデザインしたそう!
北海道の自然を描き続けた画家だそうです。
龍馬は北海道開拓の夢をもっていたので、坂本家五代当主はその意志を受け継ぎ、明治になり北海道へ移住したそうです。それって、榎本武明や土方歳三など、五稜郭で散った者たちとはまた違う思いでしょうけれど。
幕末のことはあらかたのことは知ってると思っていたけれど、まだまだ知らないことがたくさんありますね。

2017-06-20T23:45:09.jpg

P1180329.jpg
↑坂本直行氏の絵

近江屋で暗殺された場面を再現した影絵と解説が秀逸で、臨場感たっぷり。
周りには近江屋に置かれていた屏風や掛け軸(複製)があり、龍馬と中岡慎太郎の血飛沫が確認できました。

ちなみに龍馬は、ある手紙のなかで中岡慎太郎のことを小者と評していて、それも意外。
確かに西郷や勝海舟、小松帯刀などと接していれば、致し方ない気もします。

2017-06-20T23:45:09.jpg2017-06-20T23:45:09.jpg

P1180278.jpg
↑おりょうも習っていたという月琴

2017-06-20T23:45:09.jpg
↑油断させておいて・・・
P1180302.jpg
↑びしゃぁ!
P1180305.jpg
↑下のほうに血しぶき

2017-06-20T23:45:09.jpg

2017-06-20T23:45:09.jpg
↑孫氏が大きな決断をするときに語りかけているという龍馬の等身大パネル

P1180353.jpg
↑帰りは「とんき」で食事。相変わらず凄い混みよう。お会計時に駄菓子をくれました
P1180352.jpg

前の3件 | - ★和の催し ブログトップ
メッセージを送る