So-net無料ブログ作成
検索選択

★和の催し ブログトップ
前の3件 | -

高知から来たぜよ!坂本龍馬展 [★和の催し]

●HP・・・http://www.hotelgajoen-tokyo.com/event/ryoma

2017-06-20T23:45:09.jpg
↑高知県の資料館に飾られているという龍馬像

2017-06-20T23:45:09.jpg
↑日本を今一度洗濯いたしたく・・・!

2017-06-20T23:45:09.jpg
↑薩長同盟の裏書

目黒雅叙園で行われてる「坂本龍馬展」に行ってきました。
主に手紙の展示で彼の業績を振り返るという趣向。
展示品の七割は複製でしたが、真物の展示品に価値あるものが多く、大変満足できました。
「日本を今一度洗濯いたしたく…」や、おりょうのことを姉に紹介する手紙「まことにおもしろき女」のくだりや、俗に新婚旅行と言われている「高千穂の天の逆鉾」の写生や記述を見ることができて満足です。

後援はSoftbankグループ、 孫さんは龍馬に心酔してるんですね。
Softbankのロゴは海援隊旗の色ちがいデザインと知ってびっくり!
あと、北海道銘菓の六花亭の包装紙は、坂本龍馬の末裔(甥の孫)、坂本直行氏がデザインしたそう!
北海道の自然を描き続けた画家だそうです。
龍馬は北海道開拓の夢をもっていたので、坂本家五代当主はその意志を受け継ぎ、明治になり北海道へ移住したそうです。それって、榎本武明や土方歳三など、五稜郭で散った者たちとはまた違う思いでしょうけれど。
幕末のことはあらかたのことは知ってると思っていたけれど、まだまだ知らないことがたくさんありますね。

2017-06-20T23:45:09.jpg

P1180329.jpg
↑坂本直行氏の絵

近江屋で暗殺された場面を再現した影絵と解説が秀逸で、臨場感たっぷり。
周りには近江屋に置かれていた屏風や掛け軸(複製)があり、龍馬と中岡慎太郎の血飛沫が確認できました。

ちなみに龍馬は、ある手紙のなかで中岡慎太郎のことを小者と評していて、それも意外。
確かに西郷や勝海舟、小松帯刀などと接していれば、致し方ない気もします。

2017-06-20T23:45:09.jpg2017-06-20T23:45:09.jpg

P1180278.jpg
↑おりょうも習っていたという月琴

2017-06-20T23:45:09.jpg
↑油断させておいて・・・
P1180302.jpg
↑びしゃぁ!
P1180305.jpg
↑下のほうに血しぶき

2017-06-20T23:45:09.jpg

2017-06-20T23:45:09.jpg
↑孫氏が大きな決断をするときに語りかけているという龍馬の等身大パネル

P1180353.jpg
↑帰りは「とんき」で食事。相変わらず凄い混みよう。お会計時に駄菓子をくれました
P1180352.jpg

スーパー浮世絵 江戸の秘密展 [★和の催し]

●HP・・・https://superukiyoe.com/


若干子供だましの感は否めないけれど、それなりに楽しめました。

江戸に対しての知識はある程度持っているので、もっと視覚効果を期待していましたが、江戸時代にタイムスリップしたかのような疑似体験ができる、という程ではありませんでした。


既存の浮世絵の登場人物の可動域も少ないし、浮世絵自体も豊富に使われてはいなかった。

360度、どこを見渡しても江戸の街、というわけではなく、浮世絵を大きくスクリーンに投影しただけという感じ。


ただ、浮世絵そのものが今で言うとA4A3サイズの大きさに近いので、原画(刷り)の展示会だと凄く寄ってみないとわからない細かな箇所を、大きく見ることができたのは良かったと思う。

写真撮影も可能ですし、撮影用の道具も置いてあったので、友達とわいわいしながら、気軽に楽しめる雰囲気はありました。


江戸が徳川家康が連れてきた職人たちが居ついて発展したことや、歌舞伎の芝居小屋、江戸三座が猿若町に集められ浅草が芝居の町として発展したことや、贅沢禁止令のため庶民はあの手この手でお洒落を楽しんだことや、吉原に続く道はひとつしかないことなどなど・・・江戸時代の知識を初めて得る分にはいい展示会だとは思う。

それにしても通常の原画展覧会と同等のお値段は少し高いね。


お気に入りのスポットは、花街。格子窓の奥に美人画があり、その前に立つとにこっと笑ってくれる。
目が合うと本当にドキッとしちゃうので、当時の男心が少しわかったかも[目]
お土産屋の食器たちが本当に美しくて、そこだけ再訪するのもいいかなと思いました。


●初めて知ったこと


日本橋魚河岸にあがった魚は、戸板を借りてそこに陳列しなければならなかったそうだ。

戸板状の台は「板舟」といって、一枚ずつ所有権があったそうな。

それを所有している有力商人から借りて、商いをする小規模商人も多かった。

浮世絵では、麻を扱う小売店の間口を借りてその戸板を並べていたため、喧嘩が絶えなかったというもの。

麻に魚の匂いってついちゃだめだろ、と思うのですが・・・。


日本橋について知識を深めるなら、こちらのサイトもおすすめ。
http://nihombashi-tokyo.com/jp/history


2017-05-19T19:21:03.jpg
↑愛之助のナレーションが良かったです。でもエモイってキモイ

2017-05-19T19:21:03.jpg2017-05-19T19:21:03.jpg2017-05-19T19:21:03.jpg2017-05-19T19:21:03.jpg2017-05-19T19:21:03.jpg
↑気がつくと笑ってくれます

2017-05-19T19:21:03.jpg

↑このパネルの間に入って記念撮影も



■欧風カレー キュイボンヌ


近くにあった、欧風カレーやさんへ。とっても濃厚で王道なカレーを久々に食べました。

野菜の溶け込んだ甘みとピリっとする香辛料の刺激。辛さは「甘い・中辛・辛い」から選べるのですが「甘いと中辛の間」という頼み方もできます。

ポーチドエッグを追加。溶け出す黄身とルーが混じり合って、最高に美味でした!

2017-05-19T19:21:03.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

江戸博でお正月~江戸からくり人形に出会う [★和の催し]

●江戸東京博物館・・・https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

1月3日は江戸東京博物館へ行きました。
常設展にて獅子舞や琴、江戸からくり人形の実演など盛りだくさん。

江戸からくりは「夢からくり一座」という方たちでした。
実演ではただ動かせてみせるだけではなく、解説と種明かしを兼ねてのものでした。
からくり人形は、東芝の創業者・田中久重が作った物が有名ですよね。
茶くみ人形、段返り人形、弓引き童子、文字書き人形、弓射り武者人形、品玉人形が勢揃い。
座頭によると、これだけ保存しているのは稀とのこと。

ぜんまいからくりのゼンマイは、昔は鯨の髭で作っていて、今はなかなか手に入らないので金属で作っているそうです。
段返り人形は水銀の重さを利用して動きます。水銀が上から下に移動することで人形を動かすのですが、なぜ水銀でなくてはならないかというと、液体のなかで重いことと、周りの管に水銀そのものが付着しないからということです。
水では水銀より軽く、さらに水滴が配管にまとわりついてしまい、流れ落ちる分量が減ってしまうからだそうです。

展示していた文字書き人形の一つは、現存する唯一の一体をアメリカから買い戻したもので、その額家が一軒建つくらい!
オルゴールのように凸凹のついた円盤を、動力部分に差し込んで動きを変えます。円盤を変えればいいので、その気になれば幾通りも動きを創作できるけれど、一つの動作を作るのに何ヶ月もかかるとのこと。想像に難くないですね。絵を描けるように改良したそうです。

甲冑武者人形は文献を元に復元。2年ほどかかったそうです。
巨大な段返り人形は、一段下りるのに3分ほどかかってしまうので、改良していきたいと言ってました。
物作りの原点ともいうべきからくり、昔の人の知恵も伝えると共に伝承していって欲しいですね。

■企画展【徳川将軍家の婚礼】

常設展示エリア内の5階企画展では【徳川将軍家の婚礼】が催されていました。将軍家へ降嫁した皇女和宮、
薩摩藩から嫁いだ篤姫の婚礼道具と実家が用意する『お先道具』、嫁ぎ先が用意する『婚礼道具』両方がありました。

お歯黒を塗る、爪を切る、口をすすぐ、耳を洗う、生活において所作に必要な道具が一つ一つ用意されています。
耳かき入れだけで、30センチは優に超える筆箱のような立派な蒔絵箱。耳かき入れるのにこんな大きな物を…と思うと、一体全体総量はどれだけ嵩張るのだ…考えるだけでうんざりします(笑)

以前、和宮様のためにわざわざ幕府が造ったという箱根の旧街道を通ったことを思い出しました。
和宮の品々はどこか雅な仕上げ。一方、篤姫へ拵えた物は武家らしく無駄な装飾がなく凜とした感じ。
艶やかな漆黒が、篤姫の屹然とした性質にとてもよく似合うなと思いました。
流鏑馬や茶道、全般に所作を教える小笠原流、またしてもここでも登場。
婚儀の際の設えや所作を教える『小笠原流諸礼大全』がありました。

P1130733.jpg

P1130741.jpg

P1130743.jpg

P1130755.jpg
↑醤油が開発される前、様々な料理の用途に使われていた調味料「煎り酒」が売店にて販売

P1130769.jpg
↑弓射り童子のスケルトンも展示

P1130789.jpg
↑アンパンマンを書いてくれました!

P1130790.jpg

P1130819.jpg
↑獅子舞です

P1130838.jpg

P1130840.jpg

P1130841.jpg
↑館内の茶房では、三囲り神社の近くの甘味屋「埼玉や小梅」の団子も提供


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | - ★和の催し ブログトップ
メッセージを送る