So-net無料ブログ作成

▲日本の山(百名山など)▲ ブログトップ
前の3件 | 次の3件

4/1 雲取山へ初登山①~鴨沢ルートピストン [▲日本の山(百名山など)▲]

《時間配分》
●登り
・ 8:20 鴨沢ルート バス停から登山開始
・11:20 七ツ石小屋トイレ休憩と軽食
・12:00 七ツ石山登頂
・14:00 雲取山登頂
●下り
・14:30 昼食終了・下山開始
・18:00 鴨沢ルート バス停到着
・18:30 バス乗車

念願の雲取山、二つの目的がありました。
一つは当たり前ですが日帰りで登頂すること。
もう一つは将門の迷走ルートを知ること!(笑)

いやーしかし長かったですね。 覚悟して行ったものの、やっぱり時間に追われて心の余裕がなかった。
七つ石山から雲取山までが、まさかあれほど時間がかかるとは。
景色やバードウオッチングをゆっくりと楽しむことができず、雲取山避難小屋がこんなに綺麗なのならば、土曜日に来て一泊してしまえば良かったな~と後の祭りです。

でも避難小屋が空いてるとは限らないし、空いてなかったら予約なしで山荘に素泊まりできるとは限らないし、初産ならぬ初山だと勝手がわからないから不利ですね。

私は鳥が好きなので、さえずりが多く聞くことができる七つ石小屋までの林道は、全く苦にならず。 むしろあっという間に時間が過ぎ、体力的には快調でした。
そして七ツ石山山頂。ここの眺めは素晴らしく、また、稜線の絶景に心洗われました。
しかしその余裕もダンシングツリーまで。その先のザレ道から急に足が重くなる。
体力・筋力共に疲弊が見え始め、気温も高く口で息をし始めてしまう。
「この山を越えれば山頂」だと何度も何度も短い急登にだまされる(笑)

七ツ石から見た雲取山の距離の感覚が、自分ではもっと短かったんですよね。それが近づくにつれ見えなくなり、「これを越えれば」という思いが打ち砕かれ、精神的にバテがきたんだと思います。

下りは半分の時間で歩けたものの、不思議なことに行きは短く感じた林道が、逆に長く感じました。
ただ林道自体は好きなので、精神的に疲れることはなかったのですが、時間配分を実際の距離より短く考えていたので「あれっ?」と疑問を持ってしまいました。要するに自分の足が遅かっただけです(笑)

それと、下りで思いがけなかった出来事が。ハイカットを履いていたのですが、右足首のくるぶし上が急に痛み始めました。皮は何ともないので、靴擦れではない。捻挫でもない。締め付けによる圧迫なのでしょうか。
一度痛みだすと触れるだけで骨に響いてくる、打ち身のような痛みでした。
フラットフィッティングで歩かず、蹴返して歩いてしまっていたのだと思います。しかしこの痛みは、10年以上同じ靴を履いていて初めてのことです。

たかが歩く、されど歩く。

《目撃した鳥たち
後で写真を見てわかったのですが、山頂近くではゴジュウカラ、七ツ石で尾長、林道でを見ていました(笑)
ゴジュウカラは木の幹を上から下向きに走るように降りてくる唯一のカラ類だそうです。
尾長は風に吹かれたのか水浴びしていたのか、なぜか毛並みがぼさついていました。
あと、ホシガラスの鳴き声を聞きました。稜線でハシブトカラスもいましたが、鳴き声が明らかに違いました。
あれはホシガラスだったと私は信じてます(笑)

kumo01.jpg
↑バス停看板猫の小池さん・・・だっけ?
kumo02.jpgkumo03.jpg
↑丹波村のマスコット「ターバン」
kumo04.jpg
↑堂所付近
kumo05.jpgkumo06.jpgkumo07.jpg
↑尾長ちゃん
kumo08.jpg
↑七つ石小屋の奥の展望台
kumo09.jpg
↑七つ石山山頂
kumo10.jpgkumo11.jpgkumo12.jpg
奥多摩小屋。平成31年に閉鎖予定
kumo13.jpg

kumo14.jpg
↑有名なダンシングツリーに感激
kumo15.jpg
↑このなんでもない坂が運動不足の身にはきつい
kumo16.jpg
↑山頂の無人小屋
kumo17.jpgkumo18.jpg
↑昼食
kumo19.jpg
↑唯一木を逆さまに走るカラ類、ゴジュウカラ
kumo21.jpg
↑山頂から七つ石方面をのぞむ
kumo22.jpg
↑林道で見つけた見知らぬ植物

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

凍結した払沢の滝~大岳山~御岳山を雪山ハイク [▲日本の山(百名山など)▲]

〈ルート〉
0705 武蔵五日市駅
0730 払沢の滝
0802 バスで千足下車→登山口
1130 富士見台(大怒田山)
1300 大岳山山頂
1330 出発、鍋割山分岐を巻き道?へ
1500 長尾平着、御嶽神社参拝後、ロープウエーで下山

雪山のハイキングは初めてです。 初めてだから初心者向けのコースにトライ!
奥多摩・檜原村の払沢の滝が完全凍結したとの報を聞き、こちらを選びました。
滝まではバスから徒歩7分くらい、途中でレトロな郵便局があります。
わざと水をかけて作られた氷のオブジェがありました。自然の芸術てすね。
滝はとってもキレイで、まさに時が止まったよう。
上流でも凍結しているのだろうけど、凍結している間に地中に溜まった水は、染み出すこともできず一体どこに行くのだろう?

急いで戻り、次のバスに上手く乗ることができました。 千足の登山道まで一キロくらい、これで体力を温存できました。
天狗の滝まではチェーンスパイクをつけず、だましだまし歩いてましたが、少し進むと凍結で危険な状態に。
残雪具合がわからなかったので着用するのが遅れてしまい、狭い坂道での着用となってしまいました。
どうせ雪道なのだから、登山道の初めからつけていれば良かったです。時間をロスし、後悔。

その後汗と格闘しながら急峻な坂を上ります。岩と土の混合、すれ違いもギリギリの狭い登山道が続き、踏み抜きにも注意しました。
富士見台へ行く途中に分岐があり、一度踏み跡がまるでないコースに分け入ってしまいました。
人通りがまるでないことにちょっと恐れをなして一旦戻ると標識が二枚あり、踏み跡のある別のルートを見つけました。時間を10分ほどロスしましたが、戻ってよかったです。

無事に白倉分岐を横目に大岳山へ。この間の稜線は雪が深く膝下まで沈みましたが、踏み跡があったのでそこをたどり楽に歩けました。ありがとう、第一号さん。

稜線からの眺めは最高でした。景色を独り占めしたような気分にもなり、沢山の笹藪の中に隠れ住んでいる仙人のような気分にもなり(笑) ひたすらのんびりするならこの尾根筋のベンチで寝たり食べたりして、贅沢な時間の使い方をして帰ってもいいのかも(笑)

富士見台まで時間かかったので、オーバーペースで大岳山山小屋まで。大岳山山頂に行って、また小屋跡地まで戻ってくるのが何か損した気分になりますが、直行できる真ん中のルートは誰も分け入ってない様子でしたのでやめました。
大岳山までくると、御嶽神社からの人が沢山いるので急に気が緩みます。
どうでもいいですが、山頂でのカップラーメン率高い(笑)
気持ちよく晴れて眺めが良かったです。でも時折雲がかかりひんやりする事も。雨雲らしき嫌なグレーの雲がきたので30分で退散。

綾滝近くの分岐では奥の院コース、ロックガーデンコース以外の道があり、そこが平坦で楽という情報があったのでそちらへ。気持ちを楽にでき、初めて眺めを楽しみながら歩けた気がします。緩やかな勾配の平坦で歩きやすい道でした。

2018-02-10T11:26:53.jpg
↑綾広の滝をまっすぐ行った分岐で奥の院に行かずそのまま北上

私は一連のコースは初めて歩いたので配分がわからず焦って歩いてしまったけど、長尾平に着いたのは15:00近かったので、ロックガーデンを通ることもできたなぁ・・・と後から少し後悔。
長尾平についたら雪がちらついてきたので、結果的には良かったのかもしれません。
珈琲を頂きほっと一息つき、帰りはケーブルカーです。
雪が降ったからか、閉店時間過ぎたからか、ケーブルカーまでの道添いの売店はみな閉まっていました。

初めての雪山は、バードコールを試して鳥寄せをしたり、風が吹いて木々から雪が零れ落ちたり、雪が頭に落ちてきたり、小さな楽しいことがたくさんありました。雪山は神秘的で気持ちがよいです。

P_20180204_074023.jpg
↑払沢の滝までの道にあるレトロな郵便局
P_20180204_074830.jpg

P_20180204_083301.jpg
↑登山道の始め辺りです

P_20180204_091141.jpg
↑綾滝です。こちらは流れていました

P_20180204_133202.jpg
↑山頂の眺め

P_20180204_150829.jpg
↑長尾平につくと雪

P_20180204_150835.jpg
↑展望台までも真っ白

P_20180204_160051.jpg
↑2年前にはなかったかも

P_20180204_161153.jpg

P_20180204_165431.jpg
↑ケーブルカーまでの道筋で

P_20180204_173119.jpg
↑可愛い御嶽駅の駅舎

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

つくばめぐり①~筑波山神社と男体山女体山 [▲日本の山(百名山など)▲]

●HP・・・http://www.tsukubasanjinja.jp/guide/midokoro.html


〈ルート〉
※事前準備でつくばエクスプレス秋葉原駅で「ある切符」を購入。
8:00 つくばエクスプレス終点のつくば駅に到着
8:45 シャトルで「つくば山神社入り口」バス停に到着
9:25 神社参拝~白雲橋ルート登山開始
11:30 女体山ガマ展望台で食事
12:30 食事終わり~男体山を往復
13:20 御幸ヶ原ルートで下山開始
14:10 シャトルバスで沼田まで

14:30 わんわんランド到着


日本百名山の一つ、茨城県の筑波山へ。言い替えると、茨城県唯一の百名山だそうです。
筑波山神社は日本武尊が東方征伐に向かった際、三種の神器の一つ「草薙の剣」を携えて詣でたことで有名。
筑波山神社の祭神は男体山本殿の伊弉諾尊・女体山本殿の伊弉冉尊。
また、徳川家康が江戸幕府を開府したのち、筑波山を仰いで江戸城鎮護の霊山と崇められました。
筑波山神社では二神を祀っていますが、本来ならば山に登ってこそ詣でたというべきでしょう。

家光が寄進した【御神橋】【随神門】も見所。
御神橋は春秋の御座替祭(4月1日・11月1日)・年越祭2月10日11日)に渡橋が許されます。
【随審問】は宝暦4年(1757)と明和4年(1767)に焼失してますが、文化8年(1811)再建していて、再建自体も二百年近く経過しているなどの歴史的価値から百名山に選ばれたそうです。

ちなみに「筑波嶺の 峰より落つる男女川 恋ぞつもりて淵となりぬる」と百人一首に詠まれた男女川。
男女ノ川登三という茨城出身の力士がいたので、相撲好きだと「おながわ」と誤読せずに「みなのがわ」とすぐ読めます。

P1220168.jpg

P1220175.jpg

P1220178.jpg

P1220185.jpg

登山ルートへいく道すがら、驚いたことに楠木正成の孫「楠木正勝」の墓がありました!
元旦の大山といい、歴史的な人物の墓が、墓地でも寺でもないところにポツンと存在することがあります。
しかし奈良県十津川村にも墓なるものがあり、こちらに遺体が埋まっているとは限りません。そらがまた、謎を呼びますね。ちなみに、史料では堺で3か月余篭城の末に室町幕府軍に敗れてからの足跡は不明だそうです。

P1220202.jpg

女体山側の白雲橋コースから登り、男体山側の御幸ヶ原コースで下山しました。
白雲橋コースは奇岩群が沢山あり、楽しいですね。
特に「弁慶の七戻り」は、手前から見ると浮いてるようにしかみえず、そら恐ろしい。
くぐったあとに見ると、どのように引っ掛かっているのかが構図がわかります。

登山に二時間、下山に50分。女体山と男体山の登頂は、必勝祈願をしにきた少年野球部の団体や家族連れで混雑してたので、思っていたより時間がかかりました。
ご朱印も数人並んでましたね。 この日は見事な快晴で、汗びっしょり。
カットソー、シャツ、薄手のフリース、アウターに軽量ダウンというレイヤーでしたが、フリースも脱いでしまいました。
関東平野を一望でき、その先の富士山も霞がかっていましたがうっすらと眺めることができ、とても清々しい気持ち。男体山本殿の周囲には以前は柵がなかったため、崖のぎりぎりに立てば視界を遮ることなく眺めることが出来たそうです。

P1220226.jpg
↑白雲橋コースとおたつ石コースの合流地点で一休み
P1220230.jpg
↑弁慶の七戻り
P1220231.jpg
↑真下から見るとどうやってひっかかっているのか・・・恐ろしい
P1220232.jpg
↑まさにひっかかっているとしか
P1220239.jpg
↑母の胎内くぐり。結構狭い
P1220245.jpg
↑陰陽石☯
P1220247.jpg
↑国割り石。集まった神々がこの石の上に線を引き、地方を割りふったとのこと

P1220250.jpg
↑出船入船石。船の舳先に見えます

P1220252.jpg
↑裏面大黒石。大黒様の背中に見えます

P1220255.jpg
↑北斗岩。北斗星のように動かない様子から
P1220264.jpg
↑横を向いたまさに大仏!

P1220273.jpg
↑女体山山頂から
P1220276.jpg

P1220282.jpg
永井兵助が「ガマの油売り口上」を考え出した場所

P1220284.jpg
鶺鴒が止まり、男女の道を教えたという言い伝えがある

P1220289.jpg
↑コマ展望台。奥の小高いのが男体山

昼食はコマ展望台で【筑波うどん】と【つくば鶏親子丼】に舌鼓。
「あるきっぷ」の特典で、お土産を買ったら「金のガマ」をもらえて更に10%割引してくれて、小さな幸せ。
しかしコマ展望台を抜け男体山の登頂から御幸ヶ原に入ると思っていた私は、登頂後コマ展望台まで同じ道を下るという時間のロスに少し慌てました。

なぜかというと、今回のメインは【つくばワンワンランド】だから!
急いで下山しシャトルバスで、沼田へ向かいました。 次はワンワンランドをレポします。

P1220292.jpg

P1220300.jpg
↑結構きつい
P1220302.jpg
↑男体山の頂上です
P1220308.jpg
↑下りは御幸ヶ原コース
P1220314.jpg
↑男女川の源流がありました

P1220430.jpg
↑御朱印です

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | 次の3件 ▲日本の山(百名山など)▲ ブログトップ
メッセージを送る