So-net無料ブログ作成
検索選択

大相撲 超会議場所(ニコニコ超会議2017) [★相撲観戦]

●HP・・・http://www.chokaigi.jp/2017/booth/sumo.html


2017-05-02T03:07:56.JPG

2017-05-02T03:07:56.JPG


ニコニコまで来て、相撲(笑)
そしてこのブースだけ、年齢層が高め。どこでどう情報を入手するのか、それとも孫からプレゼントされたのか、結構な高齢の方もいました。

SUMOU専用入り口を入ると、なにやらバックヤードのような雰囲気。

力士がそこかしこにたくさんいたので、サインをたくさん頂くことができました。

普通の地方巡業よりも会場面積が狭いので、ひどい混雑もありませんでした。

稽古や甚句と進んでいくと、気がつけば立見席は人垣が二重三重に。
初めて「リアルSUMOU」を生で見ましたが、生解説楽しいですね。
宇宙に吹っ飛ぶ遠藤や佐田の海は、その間土俵溜まりで仁王立ちになったまま、自分たちの映像を見ています。きっと分身の術なのでしょう。裏では他の力士たちもサインしながら映像見たり(笑)、スマホで撮影したりと楽しそうに見ていました。

勢が甚句でニコニコverを歌ったり、双子の貴公俊、貴源治の「最後の」初っ切りが行われたり、特別なことがたくさんありました。初っ切りは関取は行いません。貴公俊、貴源治は片方が関取なので本来は行えないのですが、秋田巡業で心残りがあったそうです。
山口関の「自宅に突撃」取材も面白かったですね。
また、番付で四股名が変わる小柳から、「小柳」と書いた最後のサインがもらえたことも幸運でした。

隣はJOYSOUNDのブースでしたので少し騒がしかったのが難点でした。
また、取り組みへの声援も少なくて、通常の巡業よりも盛り上がりは欠けていたように思います。
靖国奉納相撲の1/20にも満たないくらい。
ただ、力士たちはとてもリラックスしていました。巡業最後ということもあるのでしょう。普段見られないような表情を垣間見られたのは良かったです。
仕事上がりの呼び出しさんたちも平服でウロウロしていました。

途中まで時間が押していたのですが、幕内土俵入りからペースが上がって、気がつけば16;00終わりのはずが15:40頃終了。JOYSOUNDで勢が16:00に出演していたようですが、私たちは【超歌舞伎】へと駆け足。
きっとあちこちのブースで力士が出現していたことでしょう!時間が足りない!

P1160526.jpg
↑なかなかムキムキのカップヌードル大帝
P1160535.jpg
↑天風と照強が乱入
P1160541.jpg
↑現役時代は一度に肉6kg食べて、引退した後は7kg食べて記録更新したという雅山
P1160547.jpg
↑あれ?駿さん・・・?

P1160550.jpg
↑勢が美声を披露。「うめー!」のコメントが飛び交う
P1160565.jpg
↑双子の初っ切り
P1160573.jpg
↑VRでの白鵬との対戦は、本当にリアル!P1160598.jpg
↑煙幕がたかれて・・・
P1160599.jpgP1160600.jpg
↑リアルSUMOUが始まりました!
P1160604.jpg

↑力士も付け人も客も混然となって「リアルSUMOU」を楽しむ
P1160609.jpg
↑あれ?関取が客席に?・・・ちなみに千代丸
P1160618.jpg

↑十両土俵入り
P1160647.jpg
↑弁当はとても美味でしたよ
P1160659.jpg
白鵬
P1160672.jpg

↑日馬富士

P1160681.jpg
↑リアルSUMOU前の宇良が行司さんと打ち合わせ?
P1160705.jpg
↑ご飯に牛乳かけて空腹をしのいだエピソードを話す鳴戸親方P1160707.jpg
↑笑う松鳳山と貴ノ岩。二人ともガチ力士P1160713.jpg
↑壁ドン中の逸ノ城(笑)
P1160766.jpg
↑最後はハイタッチお見送り会。千代の国、正代、宇良、高安。
高安は少し面倒くさそう。こういうのやるキャラじゃないですね

西船橋の神社~山野浅間神社 [◇江戸寺社・史跡めぐり]

P1120382.jpg

P1120383.jpg

去年の秋のことですが、西船橋でラグビー観戦後にぶらぶらとしました。

寺社仏閣に行けば、その土地の在り方が何となく伝わってきます。

西船橋駅から国道沿いに進むと、なかなか立派で大きな参道か現れました。
緩やかで長い階段が続き、立派な銀杏の木が左右に並んでおり、長い年月この神社はここにこうして存在していたのだろうと一目でわかります。
きっと縁日には参道沿いに屋台が並ぶのでしょう。
段を上がるごとに違う屋台に目移りしてしまう沢山の子供たち。そんな様子がまざまざと浮かびます。
境内にはぶらんこと滑り台があり、遊ぶ小さな子とそれを見守るお爺さんがいました。

社殿は嘉永三年に造営と記されているので、西暦ですと1850年なので幕末でそれほど古くはないですね。
ただ、それ以前の鎌倉時代あたりからここは神域としてまつられていたようです。

浅間神社といえば、祭神はコノハナノサクヤヒメですね。昔はこここら富士山も見えたのでしょう。

ご朱印が頂けず、少し残念でした。 もう少し足を伸ばすと竜神社などもありましたが、雨が降ってきたので退散しました。


>>石碑より抜粋

此の神社、奈良平安時代から山野浅間神社 と稱する一宇の祠は、駿河の國富士浅間社 の勧請で木花咲耶姫を奉祀して、縁結び、 安産、子育ての神として近郷近在の尊詣頗る厚く、毎年七月一日の山開きには、お禮詣りの善男善女が列をなし登山参拝して大賑いであったと傳へ現在もその隆盛を誇っている。 山野浅間神社の名が廣く世に知られる所以である。 爾来、嘉永三年に神殿として造営され、昭和四十七年七月に増改築が行はれ間口四間三尺奥行七間三尺に及ぶ新社殿となった。 地方の信仰の中心である由緒深き霊地を、 有るが儘に任せるには偲びず、御許を仰ぎ 古き祠が鎮座していたといふ因縁の地を探 し求め、此の神殿を建立寄与した次第である。 入神の儀を行ひ、末永く霊験灼かに若き男女に縁結び安産、子育て、旅の安全の幸を授け給へと祈りてその由来を誌するもので ある。(境内石碑より)


P1120385.jpgP1120386.jpgP1120388.jpgP1120389.jpg
↑境内の裏に雷の落ちた大木がありました

「築地鈴富 すし富」と「米本珈琲本店」 [老舗飲食店・和のお店]

●鈴富 すし富・・・https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13078722/
●米本珈琲本店・・・https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13012800/


職場から近いので、久々に築地でランチしました。
「すし富」さんは14時以降も空いていて助かります。
店内は簡素できれい、ほどよい上品さです。
最近はランチでお味噌汁をつけてくれる店は少なくなってきましたが、こちらは美味しいお味噌汁を出してくれます。
お寿司は種の細さがとても口に入れやすく、でもシャリが隠れるほど長い。とても満足できます。
14貫載っていると満腹感もひとしお。

続いて、眠気覚ましに米本珈琲本店では炭火焼き珈琲を。
香ばしさと苦味が芳醇。本格珈琲がリーズナブルに楽しめます。
少し店内が狭くテーブルとの距離が近いのが難点ですが、アットホームな雰囲気で居心地がいいです。


2017-04-16T14:54:17.JPG


2017-04-16T14:54:17.JPG


2017-04-16T14:54:17.JPG


2017-04-16T14:54:17.JPG


メッセージを送る