So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

前の3件 | -

平成三十年大相撲秋場所・初日 [★相撲観戦]

何はなくとも稀勢の里。

みんな待ってた稀勢の里。

良くも悪くもこんなに大勢に見守られて、ハラハラさせる力士は他にいない。それを痛感した初日。


相撲を見ない方では「白鵬の方が強いのに、なんでいまだに稀勢の里が人気なんだ」と思う人もいるかもしれない。

ちがうんだなー。この愚直で不器用な感じ。SNSやブログ、愛想笑いなどしない、流行に迎合しないスタイル。


これ、遠藤にもいえることなんですよね。「お茶漬けは永谷園」なんてCMでは笑ってますけど、場所入りや巡業で笑ってるところなんて滅多に見ないですもんね。 とにかく私生活が垣間見えない力士。古風でいいんじゃないでしょうか。


初日に勢をあてがわれたことは協会側の優しさなのかもしれないけど、まあとにもかくにも初日に勝ったので土俵勘を取り戻して欲しいところです。


どこか吹っ切れた雰囲気の豊山。豊山をライバル視している朝乃山。調子の良さそうな大栄翔。若手がどこまで星をのばすか見物ですね。特に大栄翔には、私の知る限り過去一番の声がかかってました。


2018-09-12T17:56:36.jpg

懸賞旗が置いてありました


2018-09-12T17:56:36.jpg

相撲博物館は双葉山特集でした


2018-09-12T17:56:36.jpg

優勝旗には先場所優勝した御獄海の名が


2018-09-12T17:56:36.jpg

新大関角番の栃ノ心のパネルも


2018-09-12T17:56:37.jpg

↑貴ノ岩に、結構声がかかってました


P_20180909_133841_crop_1400x1400-800x800.jpg

↑隆の勝は終始ニコニコと場所入りP_20180909_134619_crop_1400x1400-800x800.jpg

↑背中が格好いい妙義龍


新サービスや変更点


5月場所は気が削がれて相撲観戦しなかったのですが、二場所ぶりに来てみると、またまた新しいサービスが始まっていました。そしてまた、協会の対応のまずさに閉口することも…。


AbemaTV

ぬぁんと二階正面西寄りの自由席隣に、ネット配信を行っているAbemaTVのブースができていました。これがまた、席が近いと午前中の客入りが少ない時間帯だと実況の声が耳障りで。私は午前の静かな時間帯に来るのが好きなんですけどね、今度から真西や真東や向こう正面にしようかな。


2018-09-12T17:56:36.jpg


記念撮影&フォトカードプレゼント

正面玄関ホールで行われました。プリクラのデジタル版みたいなものです。たくさんの力士フレームのなかから好きな物を選び、自分が一緒に映ったあとQRコードを読み取ると、自分宛にそのデータを送ることが出来ます。


更に相撲協会のTwitterかインスタをフォローしていると、その写真がプリントされた名刺大のカードをくれます。


このとき、列を待機させる係員にフォロー画面を見せたにも関わらず、機械操作の係員にも画面提示の指示があり、二度手間でした。また、画面提示につき一人一枚フォトカードをくれますが、その説明もなかったので一グループに付き一枚と思い込んでいた私たちは、写真を撮る段階になって手間取ってしまいました。


2018-09-12T17:56:37.jpg


2018-09-12T17:56:37.jpg

↑裏面は選べません


大相撲ガチャ第三弾

人気力士が「せきとりくん」の中に入っているストラップ。「遠藤・稀勢の里・白鵬・千代丸・高安」の五人に加え、シークレットキャラに「スイーツ親方」こと大乃国が入ってます。

※ネタバレは大乃国本人が番組で話してました。

私はそれほどお金をかけずに五つコンプリートできました。


ちなみに両替機が壊れているというハプニングがあり、様々な係員に聞いてもたらい回しに。

まず、正面玄関付近にいる法被を着た女性や着物を着た女性は、外国人向けの英語が堪能な派遣社員のようです。館内のことは席案内しかできないといっていいでしょう。


ヒヨノヤマこーなーのガチャは置いてありましたが、相撲博物館前のガチャは開館時間になっても設置されず(ガチャの空ケースのごみ箱だけあった)、両替機は正午頃業者がやってきたが直らず(いわく「原因不明」)。


私たちは諦めて弁当やつまみをこまめに買って、小銭を作りました。 とりあえず協会内のお金をかき集めて、大手銀行の無人両替機にでもいって小銭を作り、対応してほしいと思っていたら、午後2時ぐらいの一番混み合う時間に、両替機から出した小銭を人力で交換するという対応を始めまていました。遅い…


大相撲ポストカード

人気力士のポストカードです。遠藤、千代丸、横綱の面々らと、錦絵があります。 相撲博物館か、国技館外の広場で売ってます。これも博物館開館時間になっても窓口が空かないので、しょうがなく外に出て広場の土産屋で買いました。


大関栃ノ心弁当

肉が多いです!竜田揚げ風、ピリ辛トマト風、チーズのとんかつ、はさみ揚げ…、オムレツにパスタのマヨ和え。これでもかと野菜がない(笑)

ジョージアの小籠包みたいな料理が入っているかと思ったんですけど。でも美味しいです。


2018-09-12T17:56:36.jpg


2018-09-12T17:56:37.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

夏の思い出~築地本願寺・盆踊りと鰻とアイス [老舗飲食店・和のお店]

 ■竹葉亭 本館


うなぎ食べちゃいました!鰻お丼(A)2400円!高い!でもうまい! こちらの鰻は天然でしょうか?
ほっくりとして身がふわっとして、鰻の身の味がほのかに舌に残る程度のたれ加減、甘すぎず辛すぎず絶妙。
背開きにした上で蒸すのが関東風。蒸しすぎず身がほどよく締まっている状態で箸から逃げない。至福の時でした。

外観は尻込みするほど高級感がありますが、中に入ってみると一階のテーブル席は老舗のそば屋然としていて肩肘張らない雰囲気。 ただ、個人的には鰻が絶滅するのは良しとしないので、しばらくは養殖の坂東太郎で十分です(笑)


P_20180727_143300-800x600.jpg


■築地本願寺 納涼盆踊り大会


完全に食べ物の写真を取り忘れてしまいましたが、シュウマイ、鳥繁の焼き鳥、たこ焼き、焼きそばというオール野菜なし!な屋台メニューを頂きました。

子どもの時に盆踊りに親しまなかったせいで文化がないものですから、盆踊りは難しいですね。
「月が出た~出た~」の炭坑節と東京音頭は見よう見真似でできましたが、大江戸助六太鼓は複雑! ZUNBAのようにはいきませんね。


P_20180801_195957-800x600.jpg


■デリ&バル 築地ボン・マルシェ
●HP…https://tsukijibonmarche.jp/delibar/

一階にあるデリ&バル。店員さんの動線が凄く悪く、アイスコーナーとピザコーナーを行ったり来たり、狭くて大変そうでした。
で、写真はハッピーアイスクリームのティラミス味。 香川県特産のあられ「おいり」が載ったソフトクリームです。
ソフトクリームってその名の通り柔らかいけど、乳脂肪分的には「アイスクリーム」に分類されるのかな? ソース部分を食べ終わったら見事にバニラアイスになりました(笑)
コーンの部分がしっかりとしたクッキー味、バニラアイスも濃い目で美味しかったです。


P_20180718_150847_crop_341x722.jpg

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

8/4 初の浅草演芸ホール [★伝統芸能]

 ●HP…http://www.asakusaengei.com/

初めての浅草演芸ホール。
昼の部と夜の部に分かれ、一日料金を支払う。二部制の時間割の間なら何時に入ってもいいし、何時に出て行ってもいい。ただし、一度退出したら再入場は不可。
このシステム、歌舞伎や相撲と似てますね。日本の娯楽は一日たっぷり遊べるということが共通点なんですね。

---仲入り---
落 語 三遊亭小笑
落 語 三笑亭夢丸
漫 才 Wモアモア
落 語 桂小南
ー 20時00分~ー
落 語 桂伸治
曲 芸 ボンボンブラザ-ス
落 語 夜の部主任 三遊亭笑遊


私は夜の部の仲入り後に入りました。19:00からだと夜割りで1800円に。
浴衣を着ていったら「浴衣割り」で更に500円割引になりとってもラッキー。しかし前の座が押しているらしく19:00になってもなかなか窓口を開けてくれず、まんじりとする。
でも若い劇場員が「弁当売り切れたので、お買い求めなら近くの店で」と親切に教えてくれる。持ち込み可能なんですね。
中に入ると右手に売店。缶ビールとつまみは充実。柿の種を購入し、ど真ん中に陣取ります。

落語家さんのことは全く知りません。笑点に出てる人の顔はわかるけど名前が一致しないくらいの無知ぶり。
いやーなめてました。とても失礼な話ですが、出演者は玉石混合で、なかには笑いのセンスが古い人などいるのかと思いました。 中入り後に入って7組ほど拝見しましたが、みな口舌巧みで各々個性があって、ベテランにはベテランの余裕さや練れた雰囲気があって。

なんなんでしょうね、あのベテランさんのあの「間」。 主任の笑遊さん。
「この間電車でへそを出していた女性がいてね…」って前振り、それだけで笑っちゃう。途中でいきなり「あれは痴女です!」と叫んだときはもう堪らなかった。
1時間のうち30分を不思議な笑遊ワールドに引き込んだ後、「覚悟を決めた。俺は落語をやる!」と言って、見事にガマの油売りを披露してくれました。

独特のだみ声の桂小南さん、明るい口舌の三笑亭夢丸さん、おねえっぽいくねくね動きが面白い桂伸治さん真打ちでした!本当に申し訳ない。
二つ目の三遊亭小笑さんも師匠の笑遊さんにちっっとも似てない話芸でしたが、独特のぼそぼそ喋りでじわっと面白かったですよ。何の予備知識も無いからこそ、変な期待もせず新鮮な笑いを楽しめたのかもしれない。お安いし癖になりそう。


2018-08-10T16:28:51.jpg


2018-08-10T16:28:51.jpg


2018-08-10T16:28:51.jpg


■居酒屋 吾妻屋(おでん)

友人がホッピー通りの店は「暑いから嫌だ!」というので店探し。浅草の夜は早い。 小路をのぞくとディープな店ばかり。

国際通りにやっと見付けた気軽そうな店に入る。夏におでんもいいじゃないですか。
しかも二階の客は手酌で日本酒を注いでよし、という無警戒ぶり。

浅草コロッケは大きくてお腹にたまる。おでんも種の値段は一律で迷いがない。いい店見付けた。
浅草演芸ホールの落語の笑いは、じわっとお腹の中でくすぶって、自然とニコニコしてしまう味わい。今晩のおでんとぴったりでした。


2018-08-10T16:28:51.jpg


2018-08-10T16:28:51.jpg


2018-08-10T16:28:51.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い
前の3件 | -