So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

今戸神社・沖田総司終焉の地 [◆ほか新撰組めぐり]

■今戸神社
 
最近は御祭神に伊弉諾尊伊弉冉尊の夫婦の神様を祀っている事から、「縁結び」のご利益あり、と持て囃されているが、新撰組ファンとしては俄かに浮上した「沖田総司終焉の地」としての方が有名かもしれない。
色々語りたいことがありますが、えっとその前にまず…凄く雑多
ガーデニングに凝っているらしく、社の周りは猫足系のスチール椅子やら洋風の植木鉢やら、猫型の如雨露やらひしめきあっている。
拝殿の前の休憩スペースも、洋風テラスにぴったしのベンチがびっちり置いてあって、なんかこう、もう、ほんとに、神社に合わないから[がく~(落胆した顔)][あせあせ(飛び散る汗)]
萎えたわけでさ…。
気を取り直して沖田の検証を。晩年の動きのみ抜粋。

>>慶応4年(1868年)
1月 3日 鳥羽伏見の戦い勃発。
1月10日 幕府軍、富士山艦に搭乗し江戸に撤退。沖田総司は負傷した近藤勇の隣に寝かされたと言われる。
1月14日 横浜港に投錨
1月15日 土方ら隊士39名、仮隊士24名下船し品川の釜谷へ投宿。近藤、沖田は神田和泉橋の医学所へ直行
2月28日 近藤勇、永倉・原田と袂を分かち、甲州鎮撫隊を結成
4月 2日 新撰組流山に転陣
4月 3日 新政府軍に取り囲まれ近藤勇投降
4月11日 江戸城開城
4月25日 近藤勇、板橋宿で斬首
5月30日 沖田総司、療養先の千駄ヶ谷で病死

さて、この今戸へ収容されたのはいつのころか。千駄ヶ谷の植木屋で死んだことは概ね間違いないと思われるので、これが事実と仮定すると、1月14日に横浜へ到着したあと…
  1. 神田の医学所へ収容
  2. (永倉新八の『同志連名記』より)官軍の江戸入りに際し、患者隊士は浅草今戸八幡に収容される。
  3. 沖田は新撰組幹部ゆえ、身元を隠さねばならず、松本良順の計らいで千駄ヶ谷の植木屋に匿われる。(今戸神社では「総司は松本良順宅で療養したといわれています」と記述)
時系列に並べてみると、厳密には「終焉の地」ではないですね。
死ぬまでの数ヶ月ひっくるめて終焉と称すれば、ここもその一つ、とはいえるでしょう。
石碑の他は特に沖田に関する物はありませんでした。

本殿には巨大な二体の招き猫がぬぼーんと直立。恋みくじ、招き猫みくじまでは可愛いとしても、何故かオリジナルソングまで作成、ビデオとともに静かに流れておりました。雑多ダナァ・・・

今戸焼きは江戸名物でしたが、東京大空襲や関東大地震で職人が離れてしまい、現在は1軒しか残っていないようです。浅草寺周辺で売り出せば、プチヒットになるんじゃないでしょうか。
境内にはとても古い狛犬があり、これは今戸焼職人によって宝暦2年(1752年)に寄進され、文政5年(1822年)に再興された物だそうです。
珍しい円形の絵馬。の語呂合わせだそうです。
境内は女性2人連れがちらほら。良縁叶うといいですね。

DSCN5359.jpg 
DSCN5360.jpg
DSCN5361.jpg
DSCN5363.jpg
DSCN5367.jpg
DSCN5372.jpg
↑まんまる絵馬…ならぬ絵猫?

DSCN5373.jpg
↑恋勝みくじ(レンショウと詠むのかな?)

DSCN5375.jpg
↑納められた招き猫の前で、歌が流れている

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0