So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ZAPPA‐風(ふう)‐ [時代劇・ドラマ]

IMG.jpg

http://zappa-zappa.com/pg177.html

劇団ザッパの芝居、風を見てきました。
沖田総司がサヴァン症候群で、同じ症状を持つ少女ら姉妹を絡めて、新撰組結成当初から池田屋までを描きます。

多摩のある日、破落戸に雇われた姉妹に騙されて、落とし穴に落ちた勇、歳三。
そこに同じく騙されて落ちた新八、山南、佐之助ら。
なんと彼らは試衛館ではなく、この落とし穴で初めて出会う設定。
姉妹も破落戸に騙されていたことを知り、なんとか穴から出ようとするのだが、そこで同じサヴァンのよもぎと総司も出会う。
そしてよもぎに天才的な絵の才能があることがここで明かされます。
姉のあかねと勇の間にはほのかな恋心が芽生え、互いに京都で一旗あげることを誓い合う。

が、徐々に歯車が狂っていく。
総司は誤って勇を傷つけてしまい、それから人を斬れなくなる。
よもぎらは似顔絵で生計を立てていたが、その才能ゆえに攘夷志士に利用され、結果的に全員死んでしまう。
ここで疑問なのは、姉の二人だけならまだしも、よもぎまで死んでしまう事。
同じサヴァンの総司は史実上死ぬのは明白なので、よもぎに未来を託し生き残った彼女が、後年死んでいった新撰組の面々を描き続ける…
そういったシナリオでもよかったのではないか。
あかねが勇の腕に抱かれながら、あれほどくどく末期の台詞を吐いたのにそれも台無しになってしまう。

また、隊士が矢鱈とドタバタするのが煩わしい。
それが、台詞のくささに輪をかけてしまっている。

芹沢鴨の腰巾着の新見錦と平山五郎が実は間者であり、芹沢は知らぬということ、芹沢が人斬りができなくなった総司をかばい死んでしまうなど、全体的に面白い展開なのだが、ずっと暑苦しいと陳腐に見えてしまい勿体無い。
二時間半もあるので、もう少しそぎ落としメリハリをつけてもいいのではと思いました。

ちなみに友人が隊服はあれは浅葱色ではないのに何故浅葱色と表現?と疑問に思っていたが、新撰組ファンにとってはまさしくいつも辟易していることで、あの空色は決して浅葱色ではない。
本物の浅葱色の羽織を揃えるのが大変なのだろうか。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0