So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

神谷町めぐり⑦NHK放送博物館 [歴史あれこれ]

●HP…http://www.nhk.or.jp/museum/

DSC_0221.jpg

DSC_0214.jpg
↑愛宕トンネルが開通した時の記事。ドテッ腹なんて表現は、今は禁止されていそうです

DSC_0224.jpg
↑エレベーターで降りるとトンネル脇に出ます

愛宕山山頂、神社に隣接しています。
1925年、芝浦でラジオのテスト放送がされてから4カ月後、愛宕山で日本で初めてラジオが本放送されてから今までの歴史を様々な展示品で紹介する博物館。

文字だらけで辟易してしまう情報量ではなく、老若男女楽しめる展示になっていると思う。
が、やはり切っても切れないのは戦争で、玉音放送や2・26事件で青年将校に投降を呼びかけるメッセージなど、ドキリとするものがあって、肉声で改めて聞くと平和ぼけの頭にはっと覚醒させられる迫力がある。

最近は「はだしのゲン」を読み聞かせて、水が欲しくて彷徨う被爆者たちはなぜ自動販売機で飲み物を買わなかったのか、などと質問する子供もいるようだから、子供のうちから「現代とのあまりの世界(価値観)の違い」をぼんやりとでもわかってもらうのに、うってつけの場所ではないかと思う。

展示品の前に立つと黒柳徹子など著名人のナレーションが流れて説明してくれるシステムもあるし、懐かしの「にこにこぷん」がドーンと鎮座する体験スタジオでは、「実際のお天気カメラ」を動かせるし、衛星放送のコーナーでは「かぐや」が撮影した美しいハイビジョンの月から昇る地球の映像にうっとりできるしで、時間を忘れて楽しめました。

印象に残ったのは、テレビ放送開始の告知をする街宣車への人だかりや、地方でのテレビ放送記念の特設会場での人の賑わい。
放送内容ではなく、「動画が放送されること」自体が画期的なので、一目見たさに何万人も並んだという熱気が写真から伝わりました。

また、時報のお知らせはアナウンサーが銅鑼で叩いていたとか、ラジオドラマでは役者がきちんと衣装をつけてマイクの前で演技したとか、初期のテレビドラマのセットの小ささに悪戦苦闘していることなど知ることができて面白い。
個人的に「鬼平」脚本家の台本が「放送文化賞」コーナーにあったのが嬉しかったですね。

それにしても黒柳徹子は本当にテレビの生き字引ですね。入社当初は声がキンキンして五月蠅いから、アナウンサーとしては誰も使ってくれなかったなどという自虐的笑い話が、自動アナウンスに録音されていました。あの闊達な声で。


神谷町めぐり⑥愛宕神社 [◇江戸寺社・史跡めぐり]

●HP…http://www.atago-jinja.com/
>>幕末ポイント…桜田門外の変で水戸藩士が集合・西郷隆盛と勝海舟が会談

DSC_0193.jpg

DSC_0186.jpg
↑あまりの怖さにへっぴり腰に

DSC_0187.jpg

愛宕神社は、徳川家康公が江戸に幕府開府の際に防火・防災の守り神として創建、1634年には家光の前で、四国丸亀藩の曲垣平九郎盛澄が騎馬にて男坂を駆け上ったことが有名ですが、幕末の舞台にもなりました。

まずは「桜田門外の変」で、大老・井伊直弼をうつべく水戸藩士がここで集合、襲撃成功の祈願をしたといいます。藩士たちはその後散り散りに逃げたのでここで自害したわけではありませんが、彼らを供養するかのように名前が彫られている石柱がありました。

大政奉還の後は、勝海舟が西郷隆盛と一緒にこの愛宕山に登り、江戸の景色を見せながら江戸総攻撃の取りやめを相談したといいます。
この二人は田町にある薩摩藩邸でも会談しているし、池上本門寺の庭園でも会談しているが、この愛宕に来たという文書での確証はどうやら無いようです。
もし本当に訪れたのであれば、江戸の景色を一望したことで多少なりとも影響を与えたと思う。
幕末写真家のF.ベアトもここからパノラマ写真を撮影し、江戸時代の貴重な資料となっています。
JIN-仁-】という漫画原作のドラマでも、オープニングでこのベアトの写真が印象的に使われていました。

また、昭和二十年には「ここで尊攘義軍十烈士が敗戦の国を憂い自刃した」とあります。
第二次世界大戦…ですね。それも幕末から続く尊皇攘夷の一種の継続といえるかもしれません。
形や方法は違えど国を思う人達が、様々な思いでここにきたのですね。

DSC_0081.jpg
↑工事中だったので、車や工事用具が散乱していました

DSC_0083.jpg
↑足場が組まれていて見栄えはよくない

DSC_0082.jpg
↑家光に献上したという梅

DSC_0087.jpg
↑猿田彦(天狗の祖といわれる)神のこと

DSC_0089.jpg

DSC_0088.jpg
↑石にみえて、木彫りでした

DSC_0092.jpg

DSC_0093.jpg 


神谷町めぐり⑤勝軍地蔵菩薩 [◇江戸寺社・史跡めぐり]




愛宕神社への参道入り口右脇のビルの植え込みにあります。
元々は天平十年(738)に行基が造顕したもので、同地に安置された地蔵菩薩。
家康が本能寺の変の難を逃れる伊賀越えに際し、この地蔵を献上されたことから、家康の帰依があつかったと記載されています。

その後、愛宕神社創建とともに円福寺の本地仏とするが、廃仏毀釈で前出の真福寺に移されたが関東大震災で焼失してしまい、現在の物は昭和九年に銅製で造顕されたもの。
大震災による損害、ここでもか…ですね。

DSC_0079.jpg

DSC_0080.jpg