So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

12月歌舞伎公演:知られざる忠臣蔵 [★伝統芸能]

■国立劇場

DSC_0244.jpg
↑ゆるキャラのくろごちゃんがいました!

DSC_0260.jpg
↑順位は意外と高い!?

DSC_0255.jpg

DSC_0258.jpg

2013/12/25の備忘録です。
忠臣蔵祭りもこの歌舞伎で締め。
三作とも久しぶりの上演ということですが、この三作は頗るバランスがいいのではないかと思います。恒例にして欲しい。

h25-12yasakunokamabara-omoteblog.jpg

1・主税と右衛門七

討ち入り前夜の大石主税と、身分違いの親友・右衛門七の、心の葛藤を瑞々しく描きます。
17歳なのに死ななければならない若者が、周囲の大人たちには言えない本音を漏らす。
大石主税は大石家に生まれてしまったが為に、陥った我が身の運命を受け入れきれず、右衛門七は密かに慕いあう女性との、降ってわいた縁談に、心揺さぶられ苦しむ。

だが、そこにはどろどろとした悲嘆というものはなく、一種のすがすがしささえあり、最後の夜だから本音を言いたいというただそれだけの純粋さに心打たれる。
彼らは汚い欲にまみれていない純粋な名誉の死への誇りも併せ持っている。

右衛門七に結婚を迫るお美津役・米吉は、女性というより完全な「女子」!
同じ若手の七之助はしっとりとした上品な女性だが、米吉はぷりっとした柔らかい、女の子としか呼べない瑞々しさ。
こんなこというのなんですが、可愛いです。
特に鈴を鳴らして「待ってるわ」なんていう仕種。
少し歌昇は演技が固い気もしたけど、隼人はキリリと主税を演じた。

二人の様子を物陰から見ている内蔵助の歌六も、若い二人の雰囲気といかにも対照的で引き締まりました。


2・弥作の鎌腹

弟の侍・先崎弥五郎と百姓の兄・弥作。
同じ百姓出も、環境の違いがこれほどまでに人格形成に及ぼすのか。
優しさの中に揺るぎない信念のある芯の強い侍と、機転がまるできかないおっちょこちょいの百姓。

侍という生き物を図り違えていた弥作の死は、ある意味自業自得ともいえるが、覚悟を決めた時の、ただ兄であるというだけのちっぽけな矜持が宿った瞬間、人一倍大きな人間として目に映る。

ただの百姓である矢作が、見よう見まねで切腹しようとするさまは何とも言えない切なさ。
哀れすぎてもいけない。かといって急に人が変わったように凛々しくてもいけない。
難しい役を、吉右衛門が絶妙なバランスで演じる。


3・忠臣蔵形容画合

舞踊による忠臣蔵ダイジェスト版。
先月未見の、午前の部の場が多いので楽しめました。

笑い上戸・泣き上戸・怒り上戸(というのか?)のくだりがお気に入り。
特に笑い上戸(奴半平)・種之助の、酔いどれて箸が転がってもおかしい、という様がほんとに上手で、こちらもふつふつと腹の底からおかしさがこみ上げてきた。
上手ですねー。
セリフの無いところでも、どぶろくを抱えて眠りこける場面の幸せな寝顔なんかは、こっちもほろ酔いな気分になったりして。
あぐりの場面では、動きがあまりなかったので、ちょっと眠気が襲ってきてしまった。

後半、おかるの母の平凡な後日譚の場がある。
おかるは遊郭へ身売りしているし、勘平の切腹には関与してしまい、たった一人残されて、罪悪感に苛まされているのではないだろうかと心配する観客の為に作ったかのようだ。

こういったスピンオフのような話をいくつも設けるのは、小説のエピローグを読んでいるようで楽しい。歌舞伎は完成された芸能なのですね。

大トリ、吉右衛門が珍しく舞踊?と楽しみにしていたが、大石内蔵助はほんのちょっと最後に出てきただけでした。残念!


DSC_0262.jpg

幕間に一階の「濱ゆう」へ。開場後に予約しておくと便利。
その際先に代金を支払うという段取りになっており、幕間に来店すると、すぐに注文した品物が供されます。下の【劇場セット】はあんこにソフトクリームにと、甘いづくしですが、皮やウエハースに自由につけて食べると意外とあっさり、くどくない。

DSC_0263.jpg
 

木村屋カフェ [老舗飲食店・和のお店]

●HP…http://www.ginzakimuraya.jp/cafe/index.html

二階のカフェ木村屋には何度もお世話になっている。
夜勤の折、東銀座の歯医者に行った帰りに立ち寄ったりする。

【あんぱんセット】を頼むつもりが、毎回空腹に耐えかねてしっかりいただいてしまう。
ランチ前の11時まではモーニングセットがあり、ヨーグルトとハム×チェダーチーズが挟まったトーストと、サンドウィッチとコーヒーとがついて630円。

グランドメニューの「小海老のカツレツサンド」も海老がぷりぷりして、衣もサクサク、美味しいです。いつも不思議なのだけど、こういうサンドイッチが具が厚いにも関わらずパンとピッタリしっかりくっついてるのは何故だろう。
自作だと挟んでるというより並んでるになりそう…

トーストはもっちりして、さすが美味しいです。
これだったら、同じくらいの値段で下手なファストフードやコーヒーチェーン店で頼むより、クオリティもサービスもよい。
ランチ時間には毎回行列で、根強い人気の高さを物語ります。

DSC_1184.jpg
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

旧東海道めぐり⑩~立会川近辺 [◇江戸寺社・史跡めぐり]

■坂本龍馬の銅像

青物横丁から電車で一気に立会川へ。
前何年も住んでいたこともあるので知っているのですが、ここの商店街は大河ドラマと同時に町おこしを始めました。
この銅像は「設置⇒撤去⇒代わりにカーボンでできた像設置⇒現在の銅像に」という変遷を辿っています。
ブーツではなく草履を履いているのが珍しいところです。

DSC_0580.jpg

DSC_0588.jpg
↑後ろの電飾は不要だと思うのですが

DSC_0587.jpg
↑学生が作成した「こころざしの馬」というオブジェ


■大黒屋

目黒の「たけのこせんべい」で知られている大黒屋の分店です。
何故か立会川にあります。
その昔目黒は竹林が茂り、たけのこが採れることで知られていました。
店内には往時を偲ぶ雑誌記事などの切り抜きが紹介されていました。
店内は狭いながらも清潔感があります。愛想のいいおかみさんがいらっしゃいます。

DSC_0589.jpg


■天祖諏訪神社

〈由来・看板より〉
天祖諏訪神社は、天祖諏訪神社の創建年代は不詳ですが、大井村開闢とともに創建されたと伝えられます。江戸期には神明社として、(大井村内) 旧浜川町の鎮守でした。昭和40年(「品川区の 文化財」では昭和28年)に天祖神社と諏訪神社 が合併したといいます。
〈基本情報〉
祭神…天照大御神、豊受姫神、建御名方神、小碓命
東海七福神…福禄寿


DSC_0593.jpg

DSC_0594.jpg

DSC_0595.jpg

DSC_0596.jpg

DSC_0597.jpg
↑池の中洲に作られた厳島神社。立派な鯉が泳いでいます


■浜川神社

<基本情報>
祭神…須佐之男命

鈴が森へ向かう道すがら、諏訪神社の兼務社の浜川神社に出会う。
といっても敷地内がマンションの一部になっているので、中に入ることはできず、地上から辛うじて千木が見えました。


DSC_0602.jpg

DSC_0603.jpg


■鈴ヶ森刑場跡

 

〈基本情報〉
大経寺…日蓮宗
刑場…慶安4年(1651)に開設

鈴ヶ森刑場に隣接する大経寺は伝統的な寺院の建築物ではないので、まるで火葬場のよう。
明治四年に廃止されたあと海岸線の変化に伴い現在の場所に移動されたそうですが、現在も井戸や、火炙用の鉄柱や磔用の木柱を立てた礎石などが残されています。
特に火炙りの礎石は「八百屋お七」が処せられたといわれ、石の焼けたような焦げ跡が生々しい。

高速道路の出入り口で宅地の外れなので、とても殺伐とした侘しい場所。
歌舞伎の【
鈴ヶ森】などでは鬱蒼とした茂みから雲助らが襲いかかるシーンが多いので、当時の村はずれの辺鄙な風景を想像しました。
当時は冤罪も多かったことは想像に難くない。無縁仏の供養塔はどこか悲しげに見えます。

DSC_0605.jpg
↑舞台にも登場するお題目

DSC_0608.jpg

DSC_0613.jpg
↑磔台と火炎台

DSC_0614.jpg

DSC_0616.jpg

DSC_0618.jpg