So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

鬼平江戸処~羽生水郷公園 [老舗飲食店・和のお店]

■羽生水郷公園



続きです。
さすがにそれは勿体ないので、近くに何かないかとネットで調べて二キロ先の【羽生水郷公園】に向かったまではいいのですが、そこから先がとんだはめに。
公園とはいうものの、とうやら正面から入らないと周囲はぼうぼうの獣道状態で、全く入れる気配がしない。

五月なのに季節はずれのカンカン照りの太陽にさらされながら、入りたいのに入れない公園を横目で眺めつつ進むと、何やら超巨大な水溜りが…。
なんと田んぼが決壊!
しかもその水溜り、もう水溜りというレベルではなく、明らかに足首まで使ってしまいそうなほど道が抉られていて、10m以上広がっていました。
さすがにこれは通れないので迂回するも、何故か方々の田んぼから水が溢れだしていて、行けたり行けなかったりとゲームのパックマン状態。

そんなこんなでやっと着いたときは「徒歩20分」のはずが50分経っていました。
もう公園なんてどうでもよくなってしまい、目の前の【キヤッセ羽生】で休もうと寄ってみたら、平日はやっていないという追い討ち…。

露天が閉まっている広場に、【アナと雪の女王】の歌が空しくこだまするパラソルベンチに座り、ひたすらバスが来るのを待ちました(笑)

本来のプランは羽生⇒行田⇒古墳や忍城を巡る。という予定でしたΣ(ノд<)
もうこの時点で4時ですよ…。

もう二度と羽生には来ない…なんて。自分のせいだけど。
早々に上野に戻って、キトラ古墳展へ行きました。
今度【アド街ック天国】で羽生が取り上げられるということなので、それを見てから行けば良かったかもしれません。水郷公園も元気な時にまた行ってみたいです。

P1030766.jpg

P1030768.jpg
↑学校から脱走したところを目撃

P1030769.jpg

P1030770.jpg
↑これはまだカワイイほうでした

P1030773.jpg
↑四季の丘からの眺め

P1030774.jpg
↑羽生マスコットの「ムジナもん」


P1030775.jpg
↑狸のムジナではなく、ムジナモという羽生名物の植物から創造されたキャラです


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鬼平江戸処~密偵との連絡編 [老舗飲食店・和のお店]

十分腹ごしらえしたところで、いよいよ宝探し。

パンフに密偵達とのつなぎ(連絡)に使う小物類が載っていますが、場所はPAのどこかに隠されているので自分で探します。
写真に収めるべく歩き回ること、20分ほど。
そんなに広くないのに〜!なかなか見つからない!
どうしてもわからない場合は瓦版で答えを検索できます…結局ズルした私たち。
完全制覇したときは、もう五往復位してたかもしれない…(笑)

一つ、このPAで不親切なのかもしれないのは、飲料用のバーと手洗い用の蛇口が各箇所にセットで置いてあるのですが、ご老人方が(目が悪いのか)よく間違えてました。
飲料用には水がこぼれてもいいように穴の開いた台があるのですがそれがどうやらシンク?に見えるようで・・・。
隣には紙コップが置いてあるのに。
勿論手洗い用と飲料用は仕切りがあって、しぶきが飛ばないようにはなっているので、普通に使うには十分なのですが。案内係りの方が随所にいらっしゃるので、間違いがあったときはやんわり誘導しておりました。

そんなこんなで堪能したのですが、いざ帰りのバスに乗ろうとしたら、まさかの腹痛。
もう三時間は江戸処にいたのに、バスを待ったら更に三時間も待たなくてはならないはめに。

P1030714.jpg

P1030715.jpg

P1030716.jpg

P1030732.jpg

P1030733.jpg

P1030734.jpg


鬼平江戸処~屋内編 [老舗飲食店・和のお店]

朝一のバスで向かったので、まだ午前中は人も疎ら。
下記写真で向かって右手にずらりと店が、左手は食事席。
フードコート形式ですが、やはり一番奥の場所が落ち着くでしょう。

鰻か軍鶏か迷いましたが、やはりここは【玉ひで】提供の「五鉄のしゃも鍋定食」でしょう…!
ということで、軍鶏鍋セットを頼みましたよ〜暑いのに。
うーん、ご飯と濃い割下と、卵と、間違いのないハーモニーで精力つきますね、これは。
鰻は二千円だし、軍鶏ももっと高いメニューもあるので、全体的にはパーキング向けではないとは思いますが、パーキングエリアにしては美味しいので、高速降りて食事どころを探すより、ここで一日の〆にしてもいいのかも。
実際出店している店舗にはなかなか行けない観光客にとっては、いい土産話になると思います。
江戸モンの私でもまだ玉ひで行った事ないですしね。
PA全体が、ゆったりまったり大人な雰囲気を醸し出しているのもいいですね。

お土産処の[屋台連]に足を踏み入れたら、すごく既視感。
しょっちゅう行っている、東銀座の「木挽き町広場」を連想させる品揃え。
まあ売ってるものも江戸出身の私にはお馴染みですが、和小物は何回見ても可愛い〜♪

気になる江戸処オリジナルグッズは、それほど多くはないです。
でも、お菓子もお土産もデザインがオトナっぽく、逆に適当なのが氾濫しているよりはいいと思います。
なかでも池波正太郎が描いた鬼平イラストの手拭いが抜群にかっこいい。
お菓子では、小判型のクッキーが面白いと思います。

食事してお土産を買った後は甘味を。【船橋屋】のくず餅を頂きました。
京都など関西の本物の「葛」を使った葛餅とは違って、東京の池上本門寺付近でも有名な小麦粉醗酵の方ですね。
やっぱ江戸だから。川崎大師でも名物とされていますが、「久寿餅」という字を当てていますね。
一本饂飩風は、通常のきな粉&黒蜜で頂きます。
串は、噛み心地もよく、通常より少し固めの仕上がり?優しい餅の甘みが餡と調和して本当に美味。
この二つはこのPAならではの商品です。
お腹が許すなら全部制覇したかった!

P1030686.jpg

P1030689.jpg

P1030692.jpg
↑PAに隠された密偵とのつなぎ道具の答えも見ることができます

P1030697.jpg

P1030702.jpg

P1030705.jpg

P1030709.jpg

P1030710.jpg

P1030712.jpg
↑階段上はありそうで・・・何もない

P1030740.jpg

P1030748.jpg

P1030749.jpg

P1030750.jpg
↑おまさと五郎蔵

P1030751.jpg

P1030752.jpg

P1030753.jpg
↑一本饂飩風のくずもち

P1030755.jpg
↑団子風のくずもち


鬼平江戸処~外観編 [老舗飲食店・和のお店]



●HP…http://oniheiedodokoro.driveplaza.com/main/

念願の鬼平江戸処へ!
車を持っていない人は、時間管理バッチリでいかないとダメですよ。
羽生駅東口下車⇒あいあいバス「ムジナもん号」1日4本!逃すと1日台無しになります(コチラ↓)
http://www.city.hanyu.lg.jp/kurashi/madoguchi/tiiki/01_life/08_kankyou/bus/bus.html

駅の階段降りて左側端にひっそりバス停があります。
バスは個人のワゴン車かと見まがうので、見落とさないよう気をつける必要があります。
まるで知り合いの車に乗り込むような不思議な感覚。
車内では停留所案内も流れますし、きちんと降車ベルが着いていますので、地元民ではなくても安心です。

田舎教師像下車⇒田舎教師像が三角地帯にあります。少し離れたところに、田舎教師像の看板がありますので、その間の道を真っ直ぐ行きます。200メートルほど真っ直ぐ歩くと、下生えの花がわんさか生えている畑に出ます。
その畑の前の道を右に折れると、もう幟が見えてきます。
このときの幟は相撲観戦の呼び込みでした。(勿論偽物)

裏口は東屋風落ち着いた休憩エリア、「笹屋(のお熊)」の看板下には立ち並ぶ自動販売機。
左手にはトイレ、右手にはいよいよ江戸の街並みが!
建物は全てドラマで盗賊たちが盗みに入ったお店。
看板も一つずつ収めましたが、さすがにデータが重いのでアップするのはやめました(笑)
建物の水によるかび、古びた木材などのエイジング加工も素晴らしかったです。

P1030624.jpg

P1030626.jpg
↑田舎教師像

P1030628.jpg
↑田舎教師像の後ろを振り返ると大きな看板。その左手の道を入ります

P1030631.jpg
↑花咲く空き地が見えたら右に曲がります(右に曲がった道からの写真です)

P1030632.jpg
↑相撲の幟がはためく。期間によって変更されるかもしれませんね

P1030728.jpg
↑裏門を入ったところから見た図。鬼平に出てきた弥勒寺の門

P1030633.jpg
↑入ると直ぐに休憩所。駐車場から遠いので穴場かも


P1030673.jpg

P1030674.jpg

P1030678.jpg
↑笹屋のおくまの茶店は自販コーナーに

P1030637.jpg
↑正面に回りました。入って直ぐ、正面と右手はお手洗いです

P1030643.jpg
↑駐車場からの俯瞰図


P1030646.jpg
↑駐車場からみて、一番左端の近江屋

P1030647.jpg

P1030650.jpg
↑刀傷!

P1030652.jpg
↑わざと風雨による墨の滲みを再現

P1030655.jpg
↑天水桶もちゃんとあります

P1030658.jpg
↑向かって左端から撮った図

P1030659.jpg

P1030666.jpg

P1030667.jpg

P1030668.jpg

P1030670.jpg
↑しゃもやき(タコの代わりに軍鶏が入ってます)などの軽食持ち帰り窓口

P1030679.jpg
↑屋根の上には半鐘

P1030765.jpg
↑ちょっとした軒先にもエイジング加工