So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

時代劇専門チャンネル・ファン感謝祭2014 [★和の催し]

DSC_0985~01~01.jpg
↑今年もニッショーホールで

11/15、今年の感謝祭は、鬼平の密偵祭り!
綿引勝彦さんと、三浦浩一さんが登場!

綿引さん、結構年取っちゃったなー。
前半の二人がキャスティングされたときのエピソードは、当時の芸能事情を知らなければついていけなかった…。
ファン層的に年配向けの話だったけれど、能村さんによるキャスティング時の丁寧な話によって、初めて知ることがたくさんありました。
三浦さんはアイドルだったとか、綿引さんは「大家族の父親役」で当時人気だったとか…。

綿引さんはオファーが来たときに「俺なんかがやっていいのか」と恐縮、様々な映画などを見て「大盗賊の頭」像を練り上げていったそうです。
三浦さんは、「粋でいなせな」という雰囲気づくりを、目張りで目をつり上げるなどして形から入ったそうです。

質問コーナーで、応募した質問が採用されて嬉しかった♪
他の質問も聞きたいことばかりだったので興味津々。
鬼平こと吉右衛門は、撮影入りしたときにもう「鬼平」の雰囲気で、台詞は完璧に入っていて台本も持たずに入ってくるそうです。
新作歌舞伎のたどたどしさを知っている私としては、ちょっと意外。
それだけ歌舞伎のように月ごとにみっちり演技をする舞台の大変さがうかがえます。

三浦さんなんかは、吉右衛門ではなく「お頭」としか接することができないそうで(笑)
丁寧だし素晴らしい人、と仰ってました。

クルーは特に撮影後に飲みに行ったりすることはなかったようですが、凄く仲が良くて、「会うのが楽しみ」なくらい。
過去に二回ほどカラオケ大会があり、梶芽衣子さんは自分の持ち歌を、キッチーはなんとシャンソンを歌ったそう〜。
綿引さんは固辞していたそうですが、実は凄くうまくて、売れない時ギターの弾き語りをして生計をたてていたそうです。

何度か蟹江敬三さんの話が出ましたが、蟹江さんの粂八がまだ生々しく残っているので、辛いと仰ってました・・・。
今度鬼平の新作が公開されるそうですが、亡くなる前に少しとりだめておいたのかしら…。
能村さんか新作のナレーションを一部読み上げるサプライズもあって、会場は大いに湧いたのでした。

DSC_0987~01~01.jpg
↑ロビーで販売していた若グッズ

そしてお待ちかね、第二部は東映剣会による殺陣の披露。
あの「五万回斬られた男」福元清三さんも登場!
小芝居からの流れる殺陣をみせてくれたあとは、劇中も自然な掛け合いを見せたOBの峰蘭太郎さんがリードして、殺陣の基本的な構えを説明してくれました。
正眼、上段、大上段、などなど。

福元清三さんが袈裟懸けのところで、「いつ考えたんですか?」のボケを「今朝!」というところを「昨日の朝!」と言ってしまったり、笑いも充分。

サプライズでスペシャルゲスト、「太秦ライムライト」の山本千尋ちゃんも登場!
可愛い〜足細い〜。
清三さんが「太極拳の世界チャンピオンだから、のみこみが早くて困った。最初は下手にやらなきゃならないのに」と言えば、楓ちゃんは「太極拳は一人で演舞するので、相手のある殺陣は本当に難しかったけど、斬られ役が上手にもり立ててくれた」と謙遜。

実は11月24日にハリウッドでプレミア公開後に全米とカナダでの公開も決まったそう!凄いですね〜。
スターウォーズのジェダイの戦いのように、チャンバラはアメリカ人も大好きなはず!
太秦ライムライトのラスト、フィルムでとった(ような?)大立回りのシーンをじっくり見てほしいなぁ…!

プレゼント抽選会は残念ながら外れてしまったけど、峰さんら殺陣師が「殺陣は本当にたのしい、樂しくってしょうがない」と言っていたのが本当に心に残って。
太秦ライムライト観たばかりだったから、うるっときてしまった。
NHKの放送、見逃さなくてよかった〜。
時代劇をこれからも愛していこう!

DSC_0996~01~01.jpg
↑帰りに食べた新橋「天國」の天丼