So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

アダチ版画研究所で見学&志むら [★和の催し]

■アダチ版画研究所

●HP・・・https://www.adachi-hanga.com/

二回目の実演見学会に訪問です。 実演作品は歌川広重の【椿に鷽】。
入門して四年ぐらいの女性が刷りを担当します。

アダチ所長が解説、前回は版画が滅びるのも時代の趨勢と仰ってましたが、今回は「この研究所が無くなっても版画は残る」と前向きな発言。
もしかしたら受注が上向きになっているのでしょうか。ご健在で何よりです。

〈解説要点〉
・7、8回すらないと顔料と同じように発色しない。
・紙は刷る前に湿らしておく。ちょうどよく湿らしておく加減を掴むには三年かかる。
・刷る色の順番に決まりはない。
・版木を固定する布や雑巾は「やわら」と呼ぶ。
・江戸時代の初刷りはいい紙を使うが、人気作品になると地元産の粗悪品を使うようになる。なので、粗悪品の紙を使った浮世絵を現代見ると、当時売れた作品だということがわかる。
・下手くそな刷り師は紙をよじってしまう。
・アダチ版画では山桜の版木しか使わない。紙は人間国宝の越前和紙しか使わない。
・広重は効果的な赤の使い方をする。北斎はピンポイントの赤の使い方はしない。
・広重はグラデーションを多用する技巧派、北斎はグラディエーターは多用せず、構図も色もかっちりと決める傾向にある。
・彫り師を指名できたのは北斎だけと言われている。
・見当(紙を当てる目安の凸)は、版木に二カ所。右下と中央下。何故かというと木も紙も若干伸びるから、左右に見当をつけるとどちらに合わせていいかわからなくなり、ずれるのだそうです。

水で版木を湿らし、刷毛で伸ばし、水を含ませた筆で絵の具をつけて版木に載せ、別の刷毛でまた伸ばす。
パレットで混色するのではなく、版木の上でグラデーションを作るんですよね。
刷り上がった物を触らせてくれましたが、色を乗せるという感覚ではなく、「色を染める」という感覚に近いので、顔料は全く手に付きませんでした。

ちなみに、墨版以外の色版の彫り方ですが、
①まずは下絵を貼り付け、墨版(絵の輪郭となる部分)を彫る
②墨版を色版の版木分だけ刷る
③刷った墨版の紙を版木に貼り付け、出したい色の部分だけ凸にして残す
④③を繰り返す

今はコピーをとってるかもしれませんが、昔は下絵は墨版に貼り付けちゃうので、手元に残らないんですよね。 外国人の姿も多く、色がぱっと紙に現れるたびに感嘆の声。いつか買いたいです…。

P_20180210_145419.jpg

P_20180210_132102.jpg

P_20180210_133611.jpg

P_20180210_134508.jpg
↑結構重労働です
P_20180210_140504.jpg
↑色がさっと現れる瞬間は目が醒めるよう
P_20180210_142334.jpg
↑見当に紙を当てています
P_20180210_143248.jpg

P_20180210_143316.jpg
↑赤富士の刷り上がりの行程を示す展示
P_20180210_144243.jpg
↑この日の版木は5枚でした。裏表使っています
P_20180210_145007.jpg
↑コンパクトな作業台

■志むら

●HP・・・https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130502/13003855/

肌寒かったので、小倉あんのパンケーキを。 バターとあんこがあうー。蜜が餡蜜と同じなのかな。
和菓子を食べてる感覚になりました。分厚い銅鑼焼きをばらして食べてるような(笑)
黒糖が効いてるのかな。凄くおいしかったです。
基本の甘味も食べたかったので、同伴者に寒天を一つもらいましたが、噛んだ瞬間少し歯ごたえのある寒天でした。

P_20180210_153258.jpg

P_20180210_153457.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

日本大相撲トーナメント 第42回大会 [★相撲観戦]

http://www.grandsumo.jp/

 二回目の相撲トーナメント。
去年より自由席に並んでる人が少ない気がしましたが、ふたを開けてみると「満員御礼」。
そしてどこで仕入れてくるのか、本場所と同じくらい外国人率が高まっています。
自由席を細かく説明している英語のパンフ作ってほしいな~。よく聞かれるけど上手く説明できない…。

今回一番驚いたのは稀勢の里が土俵入りに出てきたことですね!
土俵入りだけでも稀勢の里が見たい!という声が届いたのでしょうか。

P_20180211_112643.jpg
↑場所とは違うフジテレビの垂れ幕

P_20180211_105402.jpg
↑賞金も違います


●十両トーナメント

佐田の海と妙義龍の同部屋対決が見物。
佐田の海が勢いよく押したと思ったら、それと同じくらいの勢いで妙義龍に一気に押し出されてしまいました。
去年の優勝者、旭大星にも注目してましたが、三回戦目で大翔鵬に負けちゃいました。結構ガチに勝ちに行った様子。

その大翔鵬は決勝の巴戦で碧山、誉富士に連続して勝ってしまったので、巴戦の醍醐味は味わえませんでした(笑)
誉富士は天空海、明生、妙義龍を破り決勝までいきましたが、変化が多かったのでガチに勝ちに来たな、と。
碧山は栃ノ心とW優勝狙っていたかもしれないですが残念ですね。

●OB戦

OB戦は小野川親方(北太樹)vs.不知火親方(元若荒雄)、友綱親方(旭天鵬)vs.錦島親方(朝赤龍)、ロボコップvs.琴欧洲。
北太樹は引退したばかりなので、髷も結ってるし現役そのもの。余裕かな?と思ったら、不知火親方は阿武松部屋で普段から稽古で胸を出してるせいか、北大樹を土俵際まで追いつめました。北太樹はうっちゃり気味になんとか勝ちましたが油断してたかな。

ロボコップは気合いだけは充分、まだまだ締まりのある肉体を持つ琴欧洲に案の定負けました。
朝赤龍はなんと大先輩旭天鵬に負け。加減具合がわからなかったのかな(笑)

●幕内トーナメント

幕内はなんといっても二回戦目の白鵬と遠藤。白鵬に一泡吹かせるところを見たかったなぁ~。
そして三回戦目の栃ノ心vs.白鵬。本場所で実現しなかった対戦カードは、栃ノ心が勝利し、決勝は高安を破った玉鷲と。
結果、栃ノ心が優勝しました。いやー、去年の稀勢の里の優勝を思い出しますね。
彼も、本場所&トーナメントで連続して優勝しました。

●その他
見飽きた感のある、初っ切り。
見なくていいかな…と思ってましたが、天空海と勝武士の息のあったコンビネーションに、久々に大笑いしました。
自分達流のアレンジが上手く、基本的なシナリオは一緒でしたが、なにをしでかすんだろうとワクワクさせてくれました。近くにいた外国人もスラップスティックコメディを楽しんでた様子。
そういえば天空海は【君の四股名は】で大反響でしたね。お笑いの素質があるのでしょう。一般人にも認知度があがったかな?

関係ないですが、ドイツ人カップルがいて、ロング缶六本をつまみなしでガブガブ飲んでました。本場の方は、ビール(お酒)飲むときに食べないって本当だったんだなぁ。

幕内は逸ノ城を倒した石浦がどこまで進むか見物でしたが負けてしまったあと、睡魔が襲ってきたので出待ちにシフト。
北勝富士と貴景勝にサインをもらえました。 大栄翔のことも好きなんですけど書いてもらう物がなかったので、泣く泣く見送ることに。貴景勝と一緒に出てきた様子ですが、彼らとは離れて遠くを歩いていました。
仲いいのはばればれでっせ!

売店は一階も二階も開いてました。ひよのやまグッズも販売してましたがオリジナルグッズの販売はなかったです。フジテレビ主催なので、トーナメント限定グッズもあります。私はついつい、どすこいキユーピーを買ってしまいました…。どこにつけるのこれ。

トーナメントはそこそこ面白いけど、好きな力士が勝ち上がらないと途端に飽きる諸刃の刃。 勝ち上がったときに面白いカードになるよう、工夫はされてるんですけどね。

P_20180211_164036.jpg
↑千代丸たんと呼んでしまったけど、何事もなく握手
P_20180211_165813.jpg
↑人気の輝
P_20180212_110904.jpg
↑づら感丸出しのキユーピー

nice!(0)  コメント(0) 

凍結した払沢の滝~大岳山~御岳山を雪山ハイク [▲日本の山(百名山など)]

〈ルート〉
0705 武蔵五日市駅
0730 払沢の滝
0802 バスで千足下車→登山口
1130 富士見台(大怒田山)
1300 大岳山山頂
1330 出発、鍋割山分岐を巻き道?へ
1500 長尾平着、御嶽神社参拝後、ロープウエーで下山

雪山のハイキングは初めてです。 初めてだから初心者向けのコースにトライ!
奥多摩・檜原村の払沢の滝が完全凍結したとの報を聞き、こちらを選びました。
滝まではバスから徒歩7分くらい、途中でレトロな郵便局があります。
わざと水をかけて作られた氷のオブジェがありました。自然の芸術てすね。
滝はとってもキレイで、まさに時が止まったよう。
上流でも凍結しているのだろうけど、凍結している間に地中に溜まった水は、染み出すこともできず一体どこに行くのだろう?

急いで戻り、次のバスに上手く乗ることができました。 千足の登山道まで一キロくらい、これで体力を温存できました。
天狗の滝まではチェーンスパイクをつけず、だましだまし歩いてましたが、少し進むと凍結で危険な状態に。
残雪具合がわからなかったので着用するのが遅れてしまい、狭い坂道での着用となってしまいました。
どうせ雪道なのだから、登山道の初めからつけていれば良かったです。時間をロスし、後悔。

その後汗と格闘しながら急峻な坂を上ります。岩と土の混合、すれ違いもギリギリの狭い登山道が続き、踏み抜きにも注意しました。
富士見台へ行く途中に分岐があり、一度踏み跡がまるでないコースに分け入ってしまいました。
人通りがまるでないことにちょっと恐れをなして一旦戻ると標識が二枚あり、踏み跡のある別のルートを見つけました。時間を10分ほどロスしましたが、戻ってよかったです。

無事に白倉分岐を横目に大岳山へ。この間の稜線は雪が深く膝下まで沈みましたが、踏み跡があったのでそこをたどり楽に歩けました。ありがとう、第一号さん。

稜線からの眺めは最高でした。景色を独り占めしたような気分にもなり、沢山の笹藪の中に隠れ住んでいる仙人のような気分にもなり(笑) ひたすらのんびりするならこの尾根筋のベンチで寝たり食べたりして、贅沢な時間の使い方をして帰ってもいいのかも(笑)

富士見台まで時間かかったので、オーバーペースで大岳山山小屋まで。大岳山山頂に行って、また小屋跡地まで戻ってくるのが何か損した気分になりますが、直行できる真ん中のルートは誰も分け入ってない様子でしたのでやめました。
大岳山までくると、御嶽神社からの人が沢山いるので急に気が緩みます。
どうでもいいですが、山頂でのカップラーメン率高い(笑)
気持ちよく晴れて眺めが良かったです。でも時折雲がかかりひんやりする事も。雨雲らしき嫌なグレーの雲がきたので30分で退散。

綾滝近くの分岐では奥の院コース、ロックガーデンコース以外の道があり、そこが平坦で楽という情報があったのでそちらへ。気持ちを楽にでき、初めて眺めを楽しみながら歩けた気がします。緩やかな勾配の平坦で歩きやすい道でした。

2018-02-10T11:26:53.jpg
↑綾広の滝をまっすぐ行った分岐で奥の院に行かずそのまま北上

私は一連のコースは初めて歩いたので配分がわからず焦って歩いてしまったけど、長尾平に着いたのは15:00近かったので、ロックガーデンを通ることもできたなぁ・・・と後から少し後悔。
長尾平についたら雪がちらついてきたので、結果的には良かったのかもしれません。
珈琲を頂きほっと一息つき、帰りはケーブルカーです。
雪が降ったからか、閉店時間過ぎたからか、ケーブルカーまでの道添いの売店はみな閉まっていました。

初めての雪山は、バードコールを試して鳥寄せをしたり、風が吹いて木々から雪が零れ落ちたり、雪が頭に落ちてきたり、小さな楽しいことがたくさんありました。雪山は神秘的で気持ちがよいです。

P_20180204_074023.jpg
↑払沢の滝までの道にあるレトロな郵便局
P_20180204_074830.jpg

P_20180204_083301.jpg
↑登山道の始め辺りです

P_20180204_091141.jpg
↑綾滝です。こちらは流れていました

P_20180204_133202.jpg
↑山頂の眺め

P_20180204_150829.jpg
↑長尾平につくと雪

P_20180204_150835.jpg
↑展望台までも真っ白

P_20180204_160051.jpg
↑2年前にはなかったかも

P_20180204_161153.jpg

P_20180204_165431.jpg
↑ケーブルカーまでの道筋で

P_20180204_173119.jpg
↑可愛い御嶽駅の駅舎

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行