So-net無料ブログ作成

★伝統芸能 ブログトップ
前の3件 | -

通し狂言 増補双級巴《ぞうほふたつどもえ》 [★伝統芸能]

国立劇場…https://www.ntj.jac.go.jp/sp/schedule/kokuritsu_l/2018/30121.html?lan=j

2018-12-11T21:03:43.jpg

2018-12-11T21:03:43.jpg

↑五右衛門バージョンのくろごちゃん

2018-12-11T21:03:43.jpg

↑宙乗りの引っ込みですDSC_0018-1024x768.JPG

DSC_0017-1024x768.JPG

柿の葉寿司と茶巾寿司を頂きました


中村吉衛門の宙乗り!石川五右衛門!ということで行ってきました。

粗筋はサイトを観た方が早いとは思いますが、大まかにいうと二部構成です。五右衛門の夢と現実が交錯します。

かつて武家の女を介抱しようとして金を奪って殺してしまった次左衛門、その拍子に子供が生まれます。それが五右衛門。次左衛門は五右衛門を育てますが、若いときに家を出てしまいます。

数十年ぶりに故郷に戻ってきた五右衛門。そこでは妹が家計の苦しさから、身売りすることになっていました。大金を遊郭の女衒へポン、と出す五右衛門。

五右衛門が天下の大悪党になったと知って、自害しようとする父親。 身を挺して止めようとした娘を誤って刺し殺してしまいます。そこで、五右衛門は大名の落とし胤だったと育ての父親から知らされます。


二幕目

五右衛門は公家の呉羽中納言を襲い衣装を奪うと彼に化け、足利将軍家に乗り込みます。そこに現れたのが此下久吉(豊臣秀吉)。

実は久吉は五右衛門の幼馴染で、勅使を五右衛門だと看破します。今は別々の道を歩む二人は昔に戻りくつろいで話をしますが、そのうち五右衛門は捕り物にあってしまいます。 五右衛門を追ってきた養父がとっつかまり、彼が入った葛籠をしょって逃げる場面が宙乗り。

とても巨大な葛籠だなぁ、これ背負えるの?と思ったら葛籠が分解され中から吉右衛門が出てくるという趣向にはビックリ。ここまでが夢です。


三幕目二場

夢から覚めた五右衛門と久吉の下り「楼門五山桐(金門五三桐)」のパロディ。本物が煌びやかな山門なのに比べて、こちらの五右衛門は長屋の二階、縦縞の木綿着物に袖を通した庶民風。

束を投げる五右衛門、柄杓でそれを受ける久吉の場面がありますが、そのからくりがわかりました。 飛び出しナイフのように、本体が柄の中に収納されてるんですね。

自分の連れ子と後妻の仲が険悪で、悩む五右衛門。でも後妻はあえて辛く当たっていたのでしたというお話し。継母の親が金をせびりにきますが、五右衛門の子供は五右衛門の留守中に間男がやってきたと勘違いして、継母を殺めてしまいます。

夢の中の不幸な事故と同じようなことが現実に起きてしまうというところに、悪行を働いてきた五右衛門の業が見え隠れしている気がしました。

大名の落とし胤という設定自体を夢だったとしたのは、その方がヒロイズムのないただの人間としての五右衛門の苦悩を浮き彫りにしたのかしら、と。

大捕り物の段で、五右衛門が息子の襟首を口で噛んで立たせる場面は、台詞がよくわからなかったのですが、最後までしっかり生きろと言ってるようで泣けてきました。

ところで、遊女と懇ろにしている足利義輝の屋敷に押し入ってきた正妻は、何の目的で来たのでしょうね? 必要性のない場面のように感じたのですが、打ち掛けを取り替えっこする正妻と遊女のなり代わりを五右衛門は気がつかず、久吉は気がつくところから、上流階級と下流の人間の格の違いを表したかったのかな…などと思いました。全く違っていたら恥ずかしい限りです。


今回はどぶ側だったので、花道でじっくりと吉右衛門の表情を堪能。また、脇役の演じ手の方の表情を意識してみてました。吉右衛門の演技をちらっと見る人、眼前から目を逸らさず 微動だにしない人、客席と交互に身ゆる人、それぞれです。幕間35と25の二回しかないからちょっと疲れましたが、満足。

米吉ちゃんのでっぷりした腰つきに妙齢の女の徒(アダ)を感じました…。瑞々しい姫ごから色気を伴い始めてますな…。もしかしたら、腰回りにはあんこを入れてるかもしれませんが。


●洋食うちだ

夕食は、前から行きたかった老舗の洋食屋に立ちよりました。もう50年前から営業しているみたいです。ハンバーグとポテトサラダを注文。ポテトサラダはあっさり塩味、ハンバーグはトマトの酸味が利いて肉汁たっぷりの肉厚、挽き肉の実が市販より粗い気がしました。肉の触感も楽しみました。

洋食屋にいくと胃もたれをすることもあるのですが、不思議なほど爽やかでした。


2018-12-11T21:03:43.jpg

2018-12-11T21:03:43.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

久々の幕見、吉例顔見世大歌舞伎・楼門五三桐 [★伝統芸能]

2018-11-19T14:59:20.jpg
2018-11-19T14:59:20.jpg
2018-11-19T14:59:20.jpg
2018-11-19T14:59:20.jpg
2018-11-19T14:59:20.jpg
■吉例顔見世大歌舞伎
https://www.kabuki-bito.jp/sp/news/5056
https://www.ntj.jac.go.jp/kabuki/news/12125.html

楼門来月の国立劇場と併せて見に行くと吉右衛門のプロマイドがもらえるということで(笑)、久々に並んで見ました幕見。
しかし、楽しみにしてたのになぜか片頭痛が出て、体調絶不調。
チケット購入後は、木挽き町広場で和小物など冷やかしつつ時間を潰しましたが、上映時間になっても復調せず、なんと熱演の三味線を聞きながらウトウトしてしまう大失態。たった15分しかないのに(笑) 水を得た魚のように生き生きとした石川五右衛門こと吉右衛門の一挙手一投足を、頭痛で目が眩みはっきりと見れなかったことが悔しい!
来月にこの恨みはらさでおくべきかー。 しかし、羽柴秀吉は何で坊主に化けてあそこにいたのか…いつも忘れてしまう。大悪党と、その親の敵。まあそれだけでゾクッとくるものがあるのですが、どう見ても年齢的に五右衛門の方が秀吉より大分上に見える。貫禄ありすぎです。 ■今更「氷艶」に萌え
http://hyoen.jp ちなみに帰宅後、去年代々木体育館で公演していた「氷艶2017~破娑羅」の放置していた録画を見ました。 私の好きな古事記の世界と、歌舞伎が見事に融合。高天原のニニギノミコトに振られた岩長姫が、復讐のため仁木禅正を歌舞伎の国から召喚し、姉のコノハナノサクヤヒメとニニギノミコトを拉致してしまう。それに対抗して、サルタヒコとアメノウズメは弁慶と源義経を召喚。

面白いじゃないか! 去年何でこれを見に行かなかったのか。岩長姫の市川笑也は経験者なのか、スケートが上手い。義経役の高橋大輔は独壇場で見事な舞踊を見せる。覚えるの大変じゃないか、これ。
スケーターの台詞は廃し、歌舞伎役者が台詞を担うことで、みごとに歌舞伎になっている。
しかし荒川静香の神々しさよ。四肢の長さと優美さ。本当に化粧映えしますね。

nice!(0)  コメント(0) 

8/4 初の浅草演芸ホール [★伝統芸能]

 ●HP…http://www.asakusaengei.com/

初めての浅草演芸ホール。
昼の部と夜の部に分かれ、一日料金を支払う。二部制の時間割の間なら何時に入ってもいいし、何時に出て行ってもいい。ただし、一度退出したら再入場は不可。
このシステム、歌舞伎や相撲と似てますね。日本の娯楽は一日たっぷり遊べるということが共通点なんですね。

---仲入り---
落 語 三遊亭小笑
落 語 三笑亭夢丸
漫 才 Wモアモア
落 語 桂小南
ー 20時00分~ー
落 語 桂伸治
曲 芸 ボンボンブラザ-ス
落 語 夜の部主任 三遊亭笑遊


私は夜の部の仲入り後に入りました。19:00からだと夜割りで1800円に。
浴衣を着ていったら「浴衣割り」で更に500円割引になりとってもラッキー。しかし前の座が押しているらしく19:00になってもなかなか窓口を開けてくれず、まんじりとする。
でも若い劇場員が「弁当売り切れたので、お買い求めなら近くの店で」と親切に教えてくれる。持ち込み可能なんですね。
中に入ると右手に売店。缶ビールとつまみは充実。柿の種を購入し、ど真ん中に陣取ります。

落語家さんのことは全く知りません。笑点に出てる人の顔はわかるけど名前が一致しないくらいの無知ぶり。
いやーなめてました。とても失礼な話ですが、出演者は玉石混合で、なかには笑いのセンスが古い人などいるのかと思いました。 中入り後に入って7組ほど拝見しましたが、みな口舌巧みで各々個性があって、ベテランにはベテランの余裕さや練れた雰囲気があって。

なんなんでしょうね、あのベテランさんのあの「間」。 主任の笑遊さん。
「この間電車でへそを出していた女性がいてね…」って前振り、それだけで笑っちゃう。途中でいきなり「あれは痴女です!」と叫んだときはもう堪らなかった。
1時間のうち30分を不思議な笑遊ワールドに引き込んだ後、「覚悟を決めた。俺は落語をやる!」と言って、見事にガマの油売りを披露してくれました。

独特のだみ声の桂小南さん、明るい口舌の三笑亭夢丸さん、おねえっぽいくねくね動きが面白い桂伸治さん真打ちでした!本当に申し訳ない。
二つ目の三遊亭小笑さんも師匠の笑遊さんにちっっとも似てない話芸でしたが、独特のぼそぼそ喋りでじわっと面白かったですよ。何の予備知識も無いからこそ、変な期待もせず新鮮な笑いを楽しめたのかもしれない。お安いし癖になりそう。


2018-08-10T16:28:51.jpg


2018-08-10T16:28:51.jpg


2018-08-10T16:28:51.jpg


■居酒屋 吾妻屋(おでん)

友人がホッピー通りの店は「暑いから嫌だ!」というので店探し。浅草の夜は早い。 小路をのぞくとディープな店ばかり。

国際通りにやっと見付けた気軽そうな店に入る。夏におでんもいいじゃないですか。
しかも二階の客は手酌で日本酒を注いでよし、という無警戒ぶり。

浅草コロッケは大きくてお腹にたまる。おでんも種の値段は一律で迷いがない。いい店見付けた。
浅草演芸ホールの落語の笑いは、じわっとお腹の中でくすぶって、自然とニコニコしてしまう味わい。今晩のおでんとぴったりでした。


2018-08-10T16:28:51.jpg


2018-08-10T16:28:51.jpg


2018-08-10T16:28:51.jpg

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:お笑い
前の3件 | - ★伝統芸能 ブログトップ