So-net無料ブログ作成

★和の催し ブログトップ
前の3件 | -

2/3 古武道演武大会@武道館 [★和の催し]

●HP…https://www.nipponbudokan.or.jp/shinkoujigyou/gyouji_06

2019-02-12T23:40:24.jpg

武道館で始めて武道を見ました。
3年前にこの大会を知り、ずっと来たかったのですがなかなかタイミングが合わず。
演武は11:00から始まり、15:52まで。休憩は13:16からの20分だけ。一見とても長時間に感じられますが35もの流派が持ち時間8分ほどで次々に行うので、あっという間に感じました。
しかも古武道というだけあってどの流派も歴史が長く、起源をパンフレットで確認するだけでも精一杯。
初代征夷大将軍の坂上田村麻呂が起こした剣道「諸賞流和」や、宮本武蔵の剣を伝承する「兵法二天一流剣術」など歴史上の人物が絡む武芸が続々登場し興奮。

2019-02-10T00:36:06.jpg

2019-02-10T00:36:06.jpg

↑示現流には外国人が多い


また各藩が採用していた武芸をたくさん見られることも楽しみの一つ。天正時代、田宮平兵衛業正を流祖として伝わった徳川紀州藩の武芸「田宮流」薩摩藩の「示現流」など。概ね関東以北の剣道では気合の掛け声が少なく、西日本では掛け声けたたましくまた外国人の演武者が多いと感じた。東は静寂の中にピンとした空気が張り詰める剣が多かったのに対し、西は威勢よく相手を圧する剣が多かったように思います。

茶の湯から宮中行事のしきたりまで幅広いしきたりを伝授する「小笠原流」、徳川三代吉宗を育てた柳生宗矩の「柳生新陰流兵法剣術」、幕末志士たちをたくさん育てた「北辰一刀流」、江戸四大道場の一つ「心形刀流剣術」など有名どころもずらり。
心形刀流はあの幕臣、伊庭八郎が宗家を継いだ剣術。三百余年前に伊庭是水軒秀明が開創した流派です。そのなかで比較的新しく幕末は「田舎剣法」と揶揄された試衛館の「天然理心流剣術」が招致されていることに嬉しさを覚えました。150年経てば古武道に入れてもらえるのかな。

2019-02-12T23:40:24.jpg

2019-02-12T23:40:24.jpg
↑天然理心流の特徴、ごんぶと木刀で素振り

記憶に残ったのは… 武者鎧をつけて行う「初實剣理方一流甲冑抜刀術」(下)。兜を外して盾代わりにするなど、武具の知られざる使い方を見せてくれました。
荒木流拳法では鎖鎌の実演に沸き、「琉球古武術」では櫂や木の棒など手近な物で戦う方法を知り、最後の「陽流砲術」では手持ち大砲の音の大きさと威力に驚きました。危険なので砲弾が向けられる座席に座っていると、退席を促されます。最初からその席は避けた方が楽でしょう。消化器と共に出場してきたので、本当にドキドキしました。


2019-02-10T00:36:06.jpg
2019-02-10T00:36:06.jpg
↑わかりずらいかもしれませんが、兜を脱いでいます

2019-02-10T00:36:06.jpg
↑座り方にも「型」がありそうです

2019-02-10T00:36:06.jpg
↑徳川と縁の深い柳生心陰流
2019-02-10T00:36:06.jpg
↑椅子を持参する流派も

2019-02-10T00:36:06.jpg
↑示現流。気合いと共に乱れ打ち
2019-02-12T23:40:24.jpg
2019-02-12T23:40:24.jpg
↑手裏剣術。あくまで先手攻撃、このあと剣でとどめをさします
2019-02-12T23:40:24.jpg
↑いわゆる奥女中たちの薙刀(なぎなた)術
2019-02-12T23:40:24.jpg2019-02-12T23:40:24.jpg
↑荒木流拳法の鎖がまです
2019-02-12T23:40:24.jpg
↑砲弾の準備
2019-02-12T23:40:24.jpg
↑実射のあとは煙が立ちこめました


nice!(0)  コメント(0) 

江戸ねこ茶屋 [★和の催し]

●HP・・・https://edonekochaya.com/#highlights

和の催しというより、まんま「ねこカフェ」ですけれど、とりあえず和風なのでこちらに書かせて頂きました。
歴代の猫好き浮世絵画家の作品に紛れ込んだ…という世界観。
パネルを立てて長屋や茶屋、銭湯などを模していました。
江戸情緒たっぷりというわけにはいきませんでしたが、架設だからこんなものかな?という感じです。
国芳らの浮世絵の説明画が小さくほんのお飾りだったので、外国人観光客は浮世絵の世界観だと気がつかないかもしれません。それが残念ですが、まあ猫が主役だからしょうがないですね。

肝心の猫ちゃん。30匹はいたでしょうか?みんな艶々、ふかふかできれいそのもの。
どうしても脱出したい猫ちゃんもいて、出入り口でお客さんを出待ちしてたっけ。
ホワイトソックスの黒猫ちゃんが三匹いて記憶に残りました。
おおむねの猫ちゃんは、近寄ったり触ると避けるけど、座って目線を近くにすると勝手によってきてくれました。
鞄をクンクンされたのでチャームをぶらぶらさせて遊ばせていたら、スタッフに止められました。
うーん、アイテム不在のなか戯れるのは飼っていない者にとっては難しい…。

2019-01-26T16:03:38.jpg
2019-01-26T16:03:38.jpg2019-01-26T16:03:38.jpg
↑猫パネルにまとわりつく猫
2019-01-26T16:03:38.jpg
↑そんなに細いところに寝なくても
2019-01-26T16:03:38.jpg
2019-01-26T16:03:38.jpg
2019-01-26T16:03:38.jpg2019-01-26T16:03:38.jpg
↑手前の猫、近づいているのがおわかりでしょうか。結局餌を食べませんでした
2019-01-26T16:03:38.jpg
↑餌を食べる猫の塔
2019-01-26T16:03:39.jpg
2019-01-26T16:03:38.jpg
↑こんな部屋も
2019-01-26T16:03:39.jpg
↑膝の下くぐりが好きな猫たち。このあと次々やってきました。隠れてるつもりでしょうか
2019-01-26T16:03:39.jpg2019-01-26T16:03:39.jpg

一匹、長い間老齢のブリーダーに飼われていた猫嫌いの猫がいたのですが、その猫は体が大きいのですが、ちょっかいを出す猫に唸られたり追いかけられたりして、猫社会も大変だなと。猫パンチで応戦してましたが、そういうはぐれ者を嫌う性格の猫もいるのですかね。

2019-01-26T16:03:39.jpg

2019-01-26T16:03:39.jpg
↑二枚とも猫嫌いの猫ちゃん

猫用のキャンディー(と言う名の魚ペーストを固めた物?)をむさぼりに来る二匹の猫がいて、そのうちの一匹は頭からかじりついてくるのでご注意を。せっかく他の猫ちゃんのペロペロ顔を楽しんでいたのに一瞬で奪われてしまいました。
お土産は、大判タオルやiPhoneケース、メモなど。ハンカチサイズのタオルが無かったのが残念。
また、秋葉原にある「猫カフェMOCA」が経営しているのか、直近1ヶ月以内にそこに行った人はお断りされます。

2019-01-26T16:03:39.jpg
↑わかりづらいですがチーズ明太もんじゃ、美味でした
2019-01-26T16:03:39.jpg
↑江戸ノレンのもんじゃ焼き「もへじ」で舌鼓


nice!(1)  コメント(0) 

12/8 特別展「京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ」 [★和の催し]

2018-12-12T13:24:10.jpg

2018-12-12T13:24:10.jpg

2018-12-12T13:24:10.jpg

2018-12-12T13:24:10.jpg

●HP…https://www.tnm.jp/modules/r_free_page/index.php?id=1914

一つの寺だけで展覧会が出来るというその歴史の深さ。以前購入した仏像の本のイラストのモデルは、ほぼこの寺の仏像ではないかと思われます。

六観音菩薩像が一堂に会するのは珍しいのではないか? 
散々仏像展に行ってるが、准胝観音と如意輪観音は初めて見たかもしれない。それほどあまり作られていない、もしくは、現在に残存していないのかもしれない。准胝観音は限りない清浄を意味し、如意輪観音は如意宝珠と法輪を持ち、人々に幸福と財宝をもたらします。

そして出家したばかりの人間である釈迦に近い姿をしているという聖観音。
穏やかなようで鋭い眼光からは、並々ならぬ決意を感じます。
その対面に地蔵菩薩が鎮座してましたが、聖観音が撮影可能なことと出口に近いこともあって、あまり注目されていなかった…。
六道輪廻で衆生を救う忙しい菩薩なので(笑)、他の菩薩よりも尊い扱いを受けてもいいはずなのに…。
そして一番の見所は後背を取り外した背中。菩薩の姿を360度鑑賞できました。ほどよい丸みとしゃん、とした隙の無さが同居してました。

肥後定慶抜かりない。運慶の次男康運が改名したという説が濃厚なんですね。

・彼についてはこちら→
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/肥後別当定慶 
観音様は観音菩薩といい、仏も菩薩も明王も元は釈迦なんですよね。
・詳細はこちら→https://mag.japaaan.com/archives/67334
運慶のダイナミズムも感じつつ、造形のきめ細やかさを感じました。

十大弟子立像の背中に漂う哀愁が良いです。つくづく彫刻というのは、背面から見たときに上手さを感じさせるものだと思いました。

弟子の中では、阿難陀が一番釈迦(菩薩)に近い面立ちをしているのはやはり息子だからでしょうか。
コンパクトで非常に見所のある展覧会でした。

nice!(0)  コメント(0) 
前の3件 | - ★和の催し ブログトップ